« back to Bacharach | トップページ | 「 What The World Needs Now Is Love 」 »

Rain From the Skies

 今朝がたテレビで天気予報を見てましたら 大阪は「雨」だそうでして この時期に降る雨のことを「山茶花梅雨(さざんかつゆ」と言うんだそうです。

 ネットで調べて見ましたら さざんかの咲くこの時期、西高東低の冬型の気圧配置が多く見られるようになってくると、太平洋側の地域は晴れる日が多くなってきます。
 ところが、時にしとしとと降る雨が数日の間続くことがあります。この長雨は「さざんか梅雨(づゆ)」とよばれています。

 
 だそうです。

で、何故にこんなことから書き始めたかと申しますと 最近知った動画作品でお気に入りのを見つけたからなのです。以前にも記事にしたことがあったのですが ちょっと変わった作品を併せてご紹介できると思いました。

 観客が一緒に歌うってすごい快感であることは 私もバカラックさんのコンサートで最後に歌う「雨にぬれても」ではわかっているのですが いつも歌いながら 常にこれでバカラックさんと一緒に歌えるのは最後だというつらさも同時に感じながらなので 複雑なんですが・・・。

 ここではBob Andyさんが歌いだされる前にイントロが始まる頃から観客からの歓声が。そして観客が先に歌いだだします。Bob Andyさん、あわてて演奏を止めます。「おいおい、ここは俺が歌うんだから・・・」何とかかんとかおっしゃっているのでしょうか。

 でも「あんたたちが歌えるんだったら一緒に歌おう」ってことで演奏が再開します。

 この動画に寄せられたコメントにこんな一文が。

An inspired choice of song. The crowd sang along word for word. A fantastic night!

 まさしくファンタスティックな時間を持つことができました。なお、文中の会話文は全くの私のイメージによるもので 決して正確ではございません。

以前にもこの曲をご紹介したときにもオリジナル作品をご紹介しましたが 改めて聴き直すとバカラックさんのオーケストラアとコーラスレンジが素敵で 聴き直しております。

 さて、この動画画面には大きくCOLOMBIAとラベルがアップされています。アレンジも指揮もバカラックさんとなっております。しかしながら 資料にはEpicとなっております。
 気になって調べてみましたら wikiでこのように表記されています。EPICの名は1953年に米・コロムビアレコードが傘下に設立した、ジャズ・クラシック音楽部門を販売するためのサブレーベル名 (エピック・レコード)にその起源をもつ。

 で、何故にバカラックさんの曲がジャマイカで取り上げられたのか長らく疑問に思っておりました。いろいろ調べてましたら 米軍の駐留軍基地がラジオ放送を流していたんだそうです。日本でもFEN(FAR EAST NETWORK)で私もお世話になりました。正確にはAFNと呼称するんだということを今知りました。AFN(エイエフエヌ英: American Forces Network、米軍放送網)は、世界各地の米軍が駐留する地に設けられた基地関係者とその家族向けの放送局(ラジオ部門、テレビ部門、ニュース制作部門の3つから成る)であり、米軍の商標である。日本でのサービスは、1997年までFEN(エフイーエヌ、Far East Network、極東放送網と呼ばれていた。

 広島で仕事をしていました時は車で移動するのですが 岩国にあるFENを聴いていたのですが 昭和天皇がご崩御なさったときもFENを聴いておりました。日曜日でもないのに ずぅっとクラシック曲が流れていて 頭の中は「???」なのでありました。正時になりますとニュースが流れてくるのですが どうも我が国日本に何かあったとは分かったのです。 慌てて日本のラジオを聴いてその意味がわかったという情けないお話しでした。

 で、ジャマイカの人たちも(彼らは本当に音楽好き)そんな風にアメリカの音楽を楽しんでいたそうです。微弱な電波なので周波数の加減でまともには聴こえていなかったそうです。それがゆえに二拍目と4拍目が強調される音楽になったとか・・・・。で、元々レゲエは柔軟な音楽なんだそうで ジャズでもソウルでも貪欲に取り込んでいったそうなんです。そんな訳でバカラックさんの作品も気に入られたみたいです。

 しかし、まぁ、バカラックさんの音楽は欧州(特にイギリス)でブリティッシュインベンションとして そして南米ではレゲエと幅広く受け入れられているんだと感心しております。

 駄文が長引きました。次は「 GiRLS GO SKA 」としてこの曲が取り上げられています。SKAはレゲエから派生した音楽らしく楽器編成で何かこだわりがあるそうです。

 女性コーラスだからか、作成年が1997年だからか すごくあか抜けて聴こえます。

|

« back to Bacharach | トップページ | 「 What The World Needs Now Is Love 」 »

コメント

会場の皆さん、曲の最初やサビだけじゃなく、全編歌っていてスゴイですね(゜o゜)

バカラックさんのコンサートで最後に歌う「雨にぬれても」、次回の来日までに1コーラス目の歌詞を完璧に覚えるぞっ! とあらためて心に誓いました。まったりさん是非一緒に大声で歌いましょう!

まったりさんは広島にいらしたこともこともあるんですね。私も子ども時分広島に住んでいたことがあって、FENを聴くことはなかったでしたが岩国基地には行った記憶があります。毎年GWの頃に一般公開される日があって、父に連れられて観に行ったんだと思います。久々にそのことを思い出しました。

私、「 RAIN FROM THE SKIES 」はAdam Wadeさんのヴァージョンしか所有(コンピCDで)していません。そこで、iTunesで検索しましたらザックザク出て来てビックリ!! デニス・ブラウンさん、デルロイ・ウィルソンさん、Barry Biggsさん、Barry Brownさん、ホレス・アンディさん、ジョン・ホルトさん、Slim Smithさん、Calton Coffieさん、Jah Rubyさん、Nicky Bamba & Joe Camilleriさん、Momo-Wattさん、Winston Reedyさん、そしてなんと上田正樹さん(with Reggae Rhythm 名義)まで! ここまで挙げたヴァージョンは全てレゲエのリズムです。更にロック・スタイルでカヴァーしたのがSumantha Martin & The Haggardさん。これがなかなか新鮮でGoodです。Bob AndyさんやThe Jumpstartsさんのヴァージョンはみつかりませんでしたけど(T_T)

それはともかく、こんなにカヴァー・ヴァージョンがあるとは(゜o゜)

まったりさんのブログで日々勉強させてもらっているあるでおでした。

投稿: あるでお | 2015年11月29日 (日) 10時55分

あるでおさん、コメントをありがとうございます。
 
 同志のあるでおさんを裏切るわけではないのですが 歌うのはあるでおさんにお任せしまして、私は会場後方(皆様のお邪魔にならない所で)カラフルな傘を振り回したいと 人一倍恥ずかしがり屋で人見知りなまったりは考えているのでしたぁ・・・ぁ。

 なお、今回のこの記事により、あるでおさんのカヴァー集が更に豊富になったことと 心よりお喜び申し上げます。欲を申せばSumantha Martin & The Haggardさんの作品をぜひご紹介してくださいませぇ。

投稿: まったり | 2015年12月 5日 (土) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/62547139

この記事へのトラックバック一覧です: Rain From the Skies:

« back to Bacharach | トップページ | 「 What The World Needs Now Is Love 」 »