« 『世界は愛を求めてる。 What The World Needs Now Is Love ~野宮真貴、渋谷系を歌う。~』 | トップページ | Rain From the Skies »

back to Bacharach

 さて、前回の記事では『世界は愛を求めてる。 What The World Needs Now Is Love ~野宮真貴、渋谷系を歌う。~』 と銘打ち ご紹介いたしました。

 これを国内にこだわらず世界に目を向けて見ますと 同様なムーヴメントが起きていることに気づきました。

まず、現在私が今一番お気に入りの作品です。それが今回タイトルとさせていただいた「 Back to Bacharach Tour 」から「 Wishin' And Hopin' 」です。

 歌っておられるのはHayley Jensen さんと Casey Donovanです。ちょいと栄養満点の方が Casey Donovanさん。彼女は「2004年オーストラリアンアイドル」で優勝なさった方です。Hayley Jensen さんは「The Voice Australia 2014」において残念ながらファイナルには残れなかったようです。

 このツアーは「 Back to Bacharach Tour」として来年まで続くそうです。
そのダイジェスト版から。

 ここではYou Tubeから入手できる作品を集めてみました。画面をちょいと小さくしてます。ご容赦を。




 最初の作品の「Wishin and Hopin」でハモるところは Hayley Jensenさんは低音部を担当なさっているようです。
ってCasey Donovanさんが高音すぎるのかもなのですが この最後の「 恋よさようなら 」では途中で高音部をとっておられて そのお二人の融通無碍、変幻自在も楽しめました。

 これで私は一つ夢を持つことができました。それはCasey Donovanさんに「Waiting for Charlie (To Come Home)」をiいつの日か歌ってもらうことです。

 い、いえ別に体型が似ているとかって理由ではなく、彼女ほどの歌唱力とセンスでどんな風にこの曲を歌われるか とても気になるのです。

 Hayley Jensenさんは残念ながら Top4止まりだったようですが セミファイナルでは対戦相手と同じ曲を歌って競うシーンがございました。私の感想ではHayley Jensenさんの方がいいと思ったのですが・・・・。

 そのシーンがございましたので バカラックさんの作品ではございませんが 聴き応え十分なのでご紹介しておきます。

まぁ、Hayley Jensenさんはこうやってツアーに参加されたいるようですから 結果良しってことなんでしょうねぇ。

|

« 『世界は愛を求めてる。 What The World Needs Now Is Love ~野宮真貴、渋谷系を歌う。~』 | トップページ | Rain From the Skies »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/62486547

この記事へのトラックバック一覧です: back to Bacharach:

« 『世界は愛を求めてる。 What The World Needs Now Is Love ~野宮真貴、渋谷系を歌う。~』 | トップページ | Rain From the Skies »