« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

バカラックさんのカヴァー曲あれこれ

 ここ最近ずっと「 What the World Needs Now is Love 」を追っかけてきましたが ちょいとここで一息入れますね。

 と、申しますのも結構面白いカヴァー曲をみつけましたので 「日本」ではさほど取り扱われていないバカラックさんの作品をカヴァーした動画作品を見つけましたのでご紹介しておきたいと思います。

 まずはWolfman Jack さんの「 The Blob 」です。

 Wolfman Jack さんを初めて知ったのは映画「アメリカン・グラフィティ」の中ででした。当時はもうバカラックさんに はまり込んでおりまして 1960年代の音楽が全編に流れると聴き、映画を観ましたが バカラックさんがこの頃に活躍されておられることは余り認識しておらず ただ当時の音楽シーンを楽しめただけてありました。
 そんなWolfman Jack さんがこんな作品をカヴァーされているのを知りました。


 次は「 Everybody's out of Town 」をRex Harrisonさんが歌っておられます。


 これは1980年に発売された彼のアルバムの中に収められているようなのですが 私の持っている資料にはこのカヴァー作品には触れておらず、1972年バカラックさんのTVショーでバカラックさんと「恋よ、さようなら」とこの「 Everybody's out of Town」を歌ったと書かれています。この時のショーでは Harrisonさんの他にはIsaac Haysさん、Cilla Blackさんが出演なさったそうです。放映は1973年4月23日。放送局はABCでした。

 この動画に彼のアルバムジャケットが出ていますが その中に「彼のお気に入りの歌」と書かれていて きっと彼はこのバカラックさんのTVショーで歌われた時にお気に入りになったのではないでしょうか・・・。

 さて、今回最後は「What the World Needs Now is Love」の特集記事を書き始めた時、最初に取り上げさせていただいたThe New Christy Minstrelsさん達の作品を見つけたからなのです。タイトルは「South American Getaway」です。

 については過去に「Three Wheels on My Wagon 」ででも取り上げており、私のお気に入りのグループなのであります。

 彼らのアルバム作成のときの選曲はどのようなのかとても気になります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「 What The World Needs Now Is Love 」番外編

 今回はずぅっと「 What The World Needs Now Is Love 」で記事を書いています。 ずっとこの曲の登場するYou tube動画作品を検索しまくっております。

 中には結構面白い作品も見つかりました。
最初にご紹介するのは 文字通り「面白い」作品です。ただ、残念なことに「」は前菜のような扱いなのです。でも、まぁ それはそれで見応えのある作品なので ご覧いただければと思います。

動画の埋め込みが禁止されておりまして お手数ですがこちら→The Zimmers - Britain's Got Talent 2012 audition - UK versionをクリックしてください。お楽しみいただける事間違いないので ぜひクリックをば・・・。
その後のThe Zimmersさん達はセミファイナルには進出なさったようですが ファイナルには残っておられなかったようです。

 このThe Zimmers さん達の正規(?)の作品も見つけておりますので ご参考まで。

 次は「面白い」と言うより、「興味深い」作品に仕上がっています。

 
動画タイトルは「Burt Bacharach Medley 」です。最後はもちろん「 What The World Needs Now Is Love」です。

何故か、ステージ上にはお二人の指揮者が・・・・。黒服の指揮者の方はオーケストラの指揮者で白い服の方はバンド演奏の指揮者のようです。

 メドレー最初の曲は「遥かなる影」イントロのピアノ演奏はわかりませんが バンドチームの担当みたいです。
 次は「小さな願い」黒服の指揮者さんは微動だにされておりません。ビートが効いた演奏です。
 3曲目は「恋よ、さようなら」 こちらもアップテンポに展開されており、バンドチームの担当のようです。この曲が終わる頃「ハウスイズ ノット ア ホーム」がオーケストラ演奏で かぶるように始まります。
 次の「恋するハート」はオーケストラ演奏が主体のようです。「愛の思い出」は両者の共同演奏のようです。この曲の終わりごろからモダンダンスチームがステージに登場して 曲は「愛を求めて」に移っていきます。どうやらバンドチームはリズム担当のようです。アップテンポでありますが 2コーラス目から少しスローになってオーケストラ演奏が主体になってます。同時にクラシックバレエチームも参加して大団円を迎えます。

 とてもとても素晴らしい構成で感動的なのでありました。

 最初この動画作品を観たときの感想は「???」なのでありました。何故に二人の指揮者がおられるのかわかりませんでした。作品のできは私としましては極上のできで何度も何度も楽しみました。が「?」の部分が理解できず 他の関連動画も観てみました。やっとこさ理解できたきっかけがこちらの動画作品です。バカラックさんの曲は入っておりませんが こちらを観てから「バカラックメドレー」の作品が更に魅力を増した次第です。お時間がゆるされれば どうぞご覧くださいませ。
「Duel between Orchestra and Band」です。オーケストラ演奏とバンド演奏の意地の張り合いシーンなのであります。

 一応最後は「Final Count Down 」で融合するのですが・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「What The World Needs Now Is Love」 日本人編

 本当は「がんばれ日本」とタイトルにしたかったのですが このタイトルはいずれまた使用するつもりなので その時まで温存しときます。

 さて、今回は恐らくすぐに元動画が削除されそうな気がいたしますので 急いで記事にさせていただこうと思い立ちました。

 どこかでこの演奏が話題になっておりまして 私自身全くこの存在を知らず 「見たい」「見たい」の一念で探しておりました。

 先にも述べましたが TV局が絡んでいるだけにすぐに著作権の関係で削除されると思います。

次は高橋幸宏さんの作品です。
この動画のタイトルは「高橋幸宏 What The World Needs Now is Love 20140923 千日前ユニバース」

 実は最近大阪ミナミに行く用事がございまして 滅多にいかないものですから お上りさんよろしくそこら辺を散策しておりましたらこの千日前ユニバースの前を通りました。

 音質・画質はちょっと良くないですがこちらもおすすめです。→高橋幸宏ライブ What The World Needs Now Is Love
高橋さんについての情報はあるでおさんのブログが詳しく、しかも丁寧に案内してくださってますのでこちらをどうぞ。→colors best of yt cover tracks vol.2/高橋幸宏 (1999年)


次はご両親がメキシコ人で日本生まれらしいのですが 詳しくはわかりません。Hanaeryca ハナエリカ(明智ハナエリカ)さんの作品です。

そして 私にとって「禁断の領域」のジャズ演奏です。「禁断の領域」の理由は私はジャズというのがあまり詳しくないからなのです。

最後は増尾好秋さんの演奏です。渡辺貞夫さんもセッションに加わっておられるようです。

やっぱりジャズはむずかしい・・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「What the World Needs Now Is Love」 cf

 前回は映画の中で使われていた「What the World Needs Now Is Love」をご紹介しました。今回はコマーシャルに使われている動画を見つけてきましたのでご紹介しておきたいと思います。

 もちろん、海外での作品ですから 何を売ろうとしておられるのかはわかりません。

 ただ、この曲も多くの国々の方に慕われているんだと改めて認識した次第です。

 バカラックさんの作品でCMに使われている作品は結構真剣に検索( YouTube内の徘徊)をしたはずなのですが sそこはさすがのYou Tubeです。結構作品が集まりました。

 




 このCMから出たシンガーさんなのか、元々このシンガーさんが歌っておられる「What the World Needs Now Is Love」をCMに使用したのか 全く不明です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »