« What The World Needs Now 4 | トップページ | 「What the World Needs Now Is Love」 cf »

「What the World Needs Now Is Love」 the movie

 さて、この「What the World Needs Now Is Love」は映画音楽としても有名でありまして、必ずと言っていいほど、この曲はジャッキーさんでヒットし、そして「 Bob & Carol & Ted & Alice」と言う映画に用いられたと解説されていたのを覚えています。当時はもうすでにこの作品は持っていましたので 今更改めて映画を観るまでもないと判断し そのまんまにしておりました。

 でも!! それでは我がブログの維持は難しいのです!!(威張るほどのものではございませんが・・・)

そこで調べてみました。
映画についての解説では< いままでタブーとされていた“夫婦交換”を、描いたセックス・コメディ。製作は「サボテンの花」のM・J・フランコヴィッチ、監督はテレビ出身の新鋭ポール・マザースキー。脚本はラリー・タッカーとポール・マザースキー。撮影はチャールズ・ラング、音楽は「夜の大捜査線」のクインシー・ジョーンズ、衣装はモス・マブリイ、編集はチュアート・H・パップがそれぞれ担当。出演は「美人泥棒」のナタリー・ウッド、テレビ「アイ・スパイ」で売り出したロバート・カルプ、エリオット・グールド、ダイアン・キャノン、ホルスト・エバーズバーグ、リー・バーガーなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。>と表記されています。

次は映画と言ってもテレビ映画の中での「What the World Needs Now Is Love」です。
『30 ROCK』(読み:サーティー・ロック)は、2006年から2013年までアメリカ・NBCで放送された1話30分(7シーズン・全138話)のテレビドラマ(シチュエーション・コメディ)。動画作品は埋め込みが規制されているため 埋め込みとさせていただきます。『30 ROCK』の部分をクリックしてください。冒頭Alec Baldwinさんがピアノの弾き語りで演奏なさっています。
アメリカ情勢・同性愛・人種問題等の社会風刺やブラックユーモア、アメリカテレビ業界ネタなどが多く盛り込まれているのが特徴。舞台はニューヨーク、マンハッタン5番街に位置するロックフェラープラザ30番(30 Rockefeller Plaza)にスタジオを持つテレビ局。架空のテレビ番組の制作舞台裏の日常を放送作家のリズ・レモンを中心に描く。

こちらは英国BBCのテレビドラマから。 2012.年6月から放送されたとのことです。

他には「Happy Gilmore」と言うスポーツコメディ映画(1996年)でも用いられているそうなんですが You Tubeでは見つけることができませんでした。

 次は「Full House 」からの作品です。出演者が歌っておられるところを見るとミュージカルなのかしらん。また詩もデヴィッドさんの作品ではなく、一部改編されておられるようです。

次はLizzy Caplanさんが歌っておられる作品なのです。

 今回最後は以前にもご紹介させていただいた作品です。私のお気に入りでもあります。映画の1シーンも断片的に挿入されていて ほのぼのとさせてくれる良い仕上がりの作品になっていると思います。

 この映画はどうやらポーランドの映画「Listy do M」の挿入歌みたいなのですが 早速これをカヴァーされた歌手さんが現れました。Magda Banasiukさんです。

|

« What The World Needs Now 4 | トップページ | 「What the World Needs Now Is Love」 cf »

コメント

まったりさん今晩は。この曲は元々ディオンヌ・ワーウィックさんに贈られたけれど彼女が断ったのでジャッキー・デシャノンさんが歌ったようですね(どこかのブログで読みました)。この曲は映画音楽にも使われていたのですか・・・映画音楽といえば(ここから我田引水)、中学1年のときミュージカル南太平洋を観る機会があり「魅惑の宵」と「バリ・ハイ」が大好きになりました。洋楽(?)に興味を持ち始めたきっかけだったような?半世紀余り前のことで霞が掛かってますが・・・

投稿: The look of love | 2015年9月27日 (日) 19時43分

The look of loveさん、コメントをありがとうございます。

<この曲は元々ディオンヌ・ワーウィックさんに贈られたけれど彼女が断ったのでジャッキー・デシャノンさんが歌ったようですね>

 そうなんですよねぇ。この曲が作られたのは1965年より前で、当時ディオンヌさんは1940年のお生まれだから若輩の25歳。このことを知った当時はバカラックさんのオファーを断るくらい、ディオンヌさんはお偉くなられたんだなぁと思ったのですが ひょっとすると「私にはまだこんな壮大な曲は歌えない」と判断なさったのかも・・・と最近は思ったりしています。

 また、この曲はどうやらTimi Yuroさんにも断られたようでして。と、資料には書かれています。

投稿: まったり | 2015年10月 1日 (木) 10時25分

お久しぶりです。ズズです。
「世界は愛を求めている」と聞くと、悲しいかな私にとって連想するのは「ダブル・セックス」!。学生時代、通学で新宿から京王線を利用していたのですが、その連絡地下道の映画のポスターに大きく「ダブル・セックス」とあり、多感な学生の心を激しく揺さぶったのでした。しかも主演にナタリー・ウッドと書かれており、あの「ウエスト・サイド…」のマリア役がポルノに転落をしたのかとドキドキ、ワクワクしたものでした。(ゲスくてすみません。でも本当のことです)
 結局映画は貧乏学生のため見に行かなかったのですが、その後社会人となりテレビで「ボブとキャロルとテッドとアリス」として見ることができました。映画の日本公開時のタイトル本当はどっちだったのか未だわかりません。
 どっちにしても映画で曲が流れるシーンはちょっと間延びしたような演出でせっかくの曲が残念だっ記憶があります。その後「ベスト・フレンズ・ウェディング」や「Gleeファイナル・シーズン第6話」を見ましたが、それらのほうが効果的だったと思います。特にGleeで皆が歌いだすと幸福感が溢れ、そのシーンと歌が相まって見てる私まで嬉しくなってしまうシーンでした。
 まったりさんがこうしてこの曲を何回も取り上げているように、名曲は時代を超えてずっとずっと続いてゆくのですね。

投稿: ズズ | 2015年10月20日 (火) 14時29分

ズズさん、お久しぶりぃ~~ですぅ。

ズズさんのコメントをお待ちしておりました。まぁ、とにかくずぅっと「What the World Needs Now Is Love」について取り上げておりましたら コメントもしづらいですよねぇ(笑)

この曲はYou Tubeの中を徘徊しておりましたら 結構カヴァー曲が見つかりストックしていたのですが当然削除されてしまっていて もう一度見たいと思っても見当たらないこともあり、今現存する作品だけでも記事で取り上げておきたいと思ったからなのです。

次回作品はちょっと一息いれまして他のカヴァー作品を取り上げております。よろしければご覧くださいませね。
あわせて当時の思い出なんかも含められてのコメントもいただければ 嬉しいです!!

投稿: まったり | 2015年10月29日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/61647832

この記事へのトラックバック一覧です: 「What the World Needs Now Is Love」 the movie:

« What The World Needs Now 4 | トップページ | 「What the World Needs Now Is Love」 cf »