« Dave Koz さん | トップページ | Randy Crawfordさん »

I'll Never Fall In Love Again

 今回もまたまた 超々有名曲です。

いつものことながら「ネタ切れ間近?」ってことかも知れません。

でも、でも最後のあがきではございませんが それなりにいい作品を見つけております。


 まずは映画の中で使われているところから・・・・


 これから先、「恋よ、さようなら」のイントロはこの曲がとって変わるのではないかしらん。そんな予感がしてます。


 映画『あと1センチの恋』公式サイト

主演のリリー・コリンズさんがあのフィル・コリンズさんと2番目の妻であるジルの間に生まれた娘さんであったと言うことをこの記事を書いている今、知りました。

 フィル・コリンズさんも最初は子役で映画出演をなさっていたとか。そして彼は映画19世紀アメリカの列車強盗バスター・エドワーズの伝記映画「フィル・コリンズ in バスター」(1988年公開)で主演をなさっています。

 実はこの映画の中でバカラックさんの曲がラジオから流れてくるシーンがあったのです。(現在は削除されています。)

 映画「明日に向かって撃て!!」ではブッチとサンダンスは追っ手に追われてボリビアに逃げます。そして彼らの最後のシーンではブッチはサンダンスに「今度はオーストラリアへ行こうと誘います。「フィル・コリンズ in バスター」(1988年公開)では(こちらも実話なのです)強盗団は逮捕されるのですが 脱獄に成功し、オーストラリアへ逃げるのです。でも こちらも追っ手の姿が見え隠れし、フィル・コリンズさん演じる主役は妻と子供と3人でブラジルに逃れるのですが 妻が子供と買い物に行った店内でラジオ放送が流れていて その時、ダスティさんの「恋の面影」が流れるのです。このシーンがYou Tubeにあったのですが 著作権侵害の訴えが出たのか削除されてしまって 記事として紹介することはできませんでした。

 次はシェイクスピアの『真夏の夜の夢』からインスパイアされて、『スター・ウォーズ』のジョージ・ルーカスが原案を務める『ストレンジ・マジック』は、この60年間に生まれたポピュラー・ソングをバックに、ゴブリン、エルフ、妖精、小鬼が入り乱れるファンタジー・アニメから「恋よ、さようなら」

予告編
は←こちらをクリックしてください。
 実によくできたアニメです。楽曲的にもお気に入りです。イントロでは打ちひしがれた心模様がマント(のように見える蝶の羽根)に上手く表現されています。やがて窓際に立ち、何か心に決めたのでしょう。蝶の羽根が開きます。そこから樹上で小枝を使って剣の練習です。両脇が開き 初心者であることもうまく表現できています。そして装備を整えた途端 強くなるのです。このシーンと曲(詩)がうまくシンクロしていて感心しています。
 
 次も同じ作品なのですが 間奏が入っていて これがまたまた素晴らしい。エレキギターとオーケストラ演奏なのですが聴き応え十分です。


|

« Dave Koz さん | トップページ | Randy Crawfordさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/60514081

この記事へのトラックバック一覧です: I'll Never Fall In Love Again:

« Dave Koz さん | トップページ | Randy Crawfordさん »