« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

 「They Don't Give Medals To Yesterday's Heroes」

 今回ご紹介したい曲は「They Don't Give Medals To Yesterday's Heroes」です。

 私がこの曲を知ったのはディオンヌさんの作品なのでした。そして、ブログを立ち上げましたときも このディオンヌさんの作品を探し求めたのでした。見つからないまま ブログ記事にしたこともございました。
 
 今回はそのディオンヌさんの作品動画がYou Tubeで見つかりましたので この記事を書かせていただきます。
 

 1970年の録音。シンプルな 実にシンプルなコストを最大限削るためにギリギリ予算のオーケストラ編成かと言いたくなるくらいシンプルな。
 バカラックさんの独特な金管楽器やコーラスも至って控えめな登場です。エンディングではタンバリンです。
 それもこれもディオンヌさんのお声を最大限活かすため・・・・と考えるべきなのでしょう。この曲を初めて聴いたときはそこまで考えはしなかったものの 高音まで突き抜ける彼女の歌声(しかも全く無理は感じません)にしびれまくりました。歌物でここまでしびれた経験はございませんでした。この曲こそが私のディオンヌさんの作品の中ではベストと申し上げても過言ではないのです。

 さて、時計の針を戻します。この曲は1966年のTVドラマの中で用いられました。Rick Nelsonさんが歌っておられます。このサントラ盤は後にCDで復刻されますが 私はビニール盤で入手していました。(輸入盤ではなく、日本盤でした。)

 この時の編曲はPeter Matzさんです。(指揮も)Peter Matzさんと言えば先に来ていたマレーネ・ディートリッヒさんのコンサートの指揮のオファーをバカラックさんに紹介された方であります。

 そして同年1966年にこの曲をいち早く取り上げられたのがBen E.King.さんでした。(資料でもこのことを強調されています。

 さらに1967年Chuck Jacksonさんが録音(発売は1987年)されています。

 私の推測なのですが この編曲はバカラックさんではないかと思っています。だとすればディオンヌさんのときのアレンジと聴き比べてみると違いがよくわかる作品になっていると思います。男性版ではこの作品がすきなのですが。
 同じく1967年にはWalter Jacksonさんが録音。

 Walter Jacksonさんなりの解釈が加わっているんでしょうか。ちょいと私には違和感が残りました。
 

 同じ女性ボーカリストのLainie Kazanさんの作品です。ディオンヌさんのがなければ 文句なしにこれがお気に入りになっていたかも。味わいのある歌声です。

 こちらは1968年に録音されています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

A Happy birthday to Mr.Bacharach

 さて、この記事も前回に引き続きバカラックさんの誕生日お祝い作品です。

 今まではオランダを中心にご紹介してきましたが ドイツでもこの曲はヒットしたようです。その証拠となる動画さくひんから。
 ドイツでは「Tanz bitte noch einmal mit mir 」というタイトルみたいです。
1967年からのドイツでのヒット曲メドレーの一曲目がこの曲です。あっと言う間に終わりますが 割といい感じです。

 次は Greetje Kauffeldさんの「Tanz bitte noch einmal mit mir 」

  Greetje Kauffeldさんは1939年オランダロッテルダム生まれのドイツ人なんだそうです。

 同じくドイツを代表する作曲家・編曲家また自ら楽団を率いておられるJames Lastさんです。

 どうやらこの「Sing Sing Party Sing 1973 」はこのショーに対するタイトルみたいです。

 私はかつてイージーリスニング少年でしたが この方は全く存じ上げません。Jerry Wiltonさんの演奏です。

 こちらはお名前は存じておりましたし、当時よく聴いたかと思います。Werner Müllerさんです。

 ってか、リカルド・サントスさんと言う方と同一人物だったとは・・・・。(絶句)ラテン系の音楽を演奏なさる時はこちらを使っておられたんだそうです。今、初めて知ったです。この方は元々トロンボーン奏者であったそうです。
 ちなみに さんは「ディス・ガイ」も録音なさっておられます。

 今回で一応この曲のご紹介は締めくくりますが きっときっとこの曲はバカラックさんの作曲だと知らない方々も巻き込んでさらに進化すると信じております。
 最後は会場の雰囲気がよくわかる動画作品です。司会者が曲名を告げると 観客の方から歌が始まり、本演奏がそれについていくというスタートでマイクで歌っている方たちより、会場にいる方の歌がすごい。(音が外れていようがお構いなし)画質もよくないですし、音質も悪いですがお気に入りのさくひんです。

 バカラックさんのお誕生日をお祝いするに、相応しい曲だと私自身はここにこの曲をご紹介することができ、大満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカラックさんのお誕生日

 と、タイトルをつけたもののバカラックさんのお誕生日にバカラックさんの作品を紹介してもあまり意味がないとも思われ ここは少し発想を換えました。

 もし、バカラックさんがご覧になれば いかにバカラックさんの作品を多くの方々が愛しているかがわかっていただけるような作品を見つけて、ここにご紹介しようと思ったのです。

 まずは前置き無しでご紹介いたします。

 そうです。「Dans je de hele nacht met mij」です。

 2011年4月に「 バカラックさんの掘り出し物 その4 」で取り上げさせていただきました。タイトルにその記事をリンクしてありますので ぜひご覧になってください。ここではこの曲の当時わかる限りの情報を記載させていただきました。

 私の大のお気に入りになったこの作品はその後もYou Tubeで検索を続けまして、同年8月に「Dans je de hele nacht met mijその②」として取り上げました。Laura Lynn さんもご紹介しております。そしてWant Wantと言うバンドもご紹介できました。オランダでは未だに進化を遂げていると確信したしだいです。最初にご紹介したCharlotte Welling & Trio Dobbsさんがその見本です。

 それに飽きたらず私は2013年6月にも『すべては ここから・・・です。「Marriage,French Style 」』として 先の記事でご紹介できなかった動画作品やハワイのバンドなどもご紹介できました。

 さて、なぜにオランダでヒットしたのかは不明なのですが この「 Maririage,French Style 」と言う曲にハル・デヴィッドさんが詩をつけてJoanne and the Streamliners さん達に「 Dance Mama ,Dance Pappa ,Dance 」として録音したのですが 同じ年Lill-Babsさん(国籍不明 イタリアと思われます。)が「 Nu vill jag dansa hela da'n 」として そしてKarin Kentさんが「Dans je de hele nacht met mij」として録音されたようです。

さらにDe Sjonniesさん達が 1995年に録音され、方々のライブで演奏して火がついたようです。私がブログで取り上げましたときはKarin Kentさんの作品も見つけられなかったのか 過去の記事では取り上げておりません。

 常々De Sjonniesさん達のライブ動画は最初にご紹介したように小さなパブみたいなところとか 狭い会場での演奏でして いずれどでかいホールで演奏して観客を歓喜の渦に巻き込んでくれないかなぁと願っていたのですが 何と願いが叶いました。

 この観客の盛り上がり方、尋常じゃないです。観客の歌から曲が流れ始まるというのもすごいです。こんな様子をバカラックさんがご覧になったらどうお感じになるでしょう。考えただけでもゾクゾクいたします。

 先のLaura Lynn さんのコンサートは屋外で結構盛り上がっていたようですが 小雨交じりの中での演奏が心残りでした。今回も、彼女も盛り上げてくださっております。

 今回最後はサッカー会場での様子をご紹介して締めくくりとします。


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

I'll Never Fall In Love Again from asia

 このバカラックさんについてのブログで有名曲は扱わないと宣言していながらもう何度、 この曲を取り上げたことでしょう。

 今回最初にご紹介するのはPLASTIC PLASTIC 一昨年(それ以前かも・・・・)彼らをこんな風に紹介しているページを張り付けておきます。

 いい感じの映像がそろってきましたのでご紹介。
タイの男女2人組 Plastic Plastic です。

おしゃれレーベルbelieve recordsのコンピレーションで
気になってたのですが、ライブも良いですねー。

ボーカルの女の子、何歳くらいだろう。子供みたい。
名前の読み方もわからん・・・

Cocolog_oekaki_2015_05_04_11_51

 曲の最後の方のキーボードアレンジもお気に入りです。

 次はずぅっと私のお気に入りの動画作品なんです。いつか私のブログでご紹介しようと思いつつ保存したままだったのですが 音質もあまりよくなく 全くの素人さん達なのですが 振り付けなんかも初々しくって 可愛らしくって 何故だか見ていると涙が出てくるんです。きっと振り付けなんかの練習も相当したんだろうなぁとか 練習中にも関わらず わぁわぁきゃぁきゃぁ笑い転げながらの練習だったんだろうなぁと思って見ていると 自然と涙ぐんでしまうのです。年齢のせいかもしれません。

 きっと振り付けなんかも 自分たちであぁでもない、こぉでもないってご自身たちでかんがえられたんだろうなぁと思います。コーラスもばっちりと決まっていて、ピアノ一本ではありますが とても新鮮で音楽することの楽しさが伝わってきた作品です。エンディングも少し変わっていて微笑ましい作品になっています。

 次は以前にもご紹介したTracy Huangさんの作品です。以前のはこちらです。

 
 最後はn.o.o.n.さんの作品です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Lena Horneさん

 Lena Horneさんとタイトルにさせていただきましたが この歌手さんにつきましては 私は全く存じ上げませんでした。

 Wikipediaによりますと レナ・ホーン(Lena Horne, 本名:Lena Mary Calhoun Horne, 1917年6月30日 - 2010年5月9日)は、アメリカ合衆国のジャズ歌手、俳優。日本ではリナ・ホーンという表記も見られる。広範囲に、そして自主的にジャズ・アーティスト(アーティ・ショウ、テディ・ウィルソン、デューク・エリントン、チャーリー・バーネットら)と共演した。亡くなるまでニューヨークに在住、2000年以降は公の場に姿を現していなかった。19世紀の政治家ジョン・カルフーンを先祖に持つ。

 と、あっさりしたものです。祖父がアフリカ系の方でいわゆるクォーターってとこですかね?元々俳優さんであったのですが 後に歌手に転向され 主にクラブやホテルでのショーで歌われていたとか。

 って書きますとマレーネ・ディートリッヒさんとイメージが重なります。バカラックさん自伝ではリナ・ホーンと表記されており、「 Wives & Lovers 」をカヴァーしていると書かれています。

 そのバカラックさんが1961年に Sydney Shawさんの作詞で「 Out of My Continental Mind」の書下ろし作を録音なさっています。
 当初You Tubeでお見かけして ライブ盤であったので スタジオ録音盤がないのかと探したこともあったのですが 見当たらず しばし置いていたのです。
 しかしながら よぉく資料を見直しましたら(読み直しはできません><) 元々ライブでの録音でと言うことであったらしいのです。

 これってジャズの世界ですよね?

 け、決してあるでおさんがジャズ歌手さんをよく取り上げられているから 対抗意識でってことは全くございません。以前から何度かジャズバンドや歌手さんを取り上げようと思いつつ そもそもジャズが全く分かっていない私まったりが 踏み込んではいけないと そういう思い込みでいるだけです。

 でもバカラックさんの作品(作曲作)を最初に取り上げられたのはNat "King"Coleさんでありました。私の持っている資料の一番最初に紹介されている曲でもあります。1952年のことでした。さらに1955年にはMel Tormeさんが取り上げられた曲もバカラックさんの記念すべき映画音楽の第一作目となる、「 The Desperate Hours」でしたし、バカラックさんは最初っからジャズとはご縁のある作曲家とも言えると思います。
 
 この曲をカヴァーしている作品も見つけました。録音日時についての説明がないので 何ともはっきりと言えませんが 私の持っている資料は2001年までのカヴァー作品は大体表記されていますので それ以降の録音かと思います。
 歌っておられるのはErnestine Andersonとおっしゃる方です。

 

 さて、冒頭にも書きましたようにLena Horneさんは、「 Wives & Lovers 」をカヴァーなさっています。どうやら1966年の時みたいです。

 他には「 Message to Martha 」をカヴァーされているようなのですが You Tubeでは見当たりませんでした。

 さてさて、バカラックさんは1969年に(手持ちの資料によれば・・ですが)初のTVスペシャル番組を作っておられます。番組タイトルは「 Kraft Music Hall Presents The Sound Of Burt Bacharach 」です。NBC放送です。

 この番組のゲストがLenaq Horneさん、 Tony Bennett さん Edward Villelaさんでした。残念ながら 資料には歌われた曲名等の紹介はないのですが その一場面と思しき動画が見つかったのでご紹介しておきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »