« Steve Lawrence | トップページ | ピアニストとしてのBacharachさん »

Three Wheels on My Wagon

 この作品は以前にもご紹介いたしました。1961年Dick Van Dykeさんによって録音されました。作詞はBob Hilliardさん。私的には好きな曲でもあります。

 資料によりますと「バカラックさん初のプロデュース」とレコードレベルに記載されているのですが セレーヌ・ドミニクさん(資料著者)によりますと、プロデュースの最後に「?」をつけておられますので懐疑的なのでしょう。資料にも真実はバカラックさんが手掛けられた「 Make It Easy on Yourself 」だと書かれていますので そちらを信じたいと思います。

 Dick Van Dykeさんが有名になるのは1964年の「Mary Poppins」にご出演なさってからなので その数年前の録音と言うことになります。

 そして1965年The New Christy Minstrelsさん達がカヴァーされています。

 さて、なぜに今回改めてこの曲をご紹介したかともうしますと、資料にはここまでの記載しかございませんでした。おそらくアメリカでの登録を元に資料を記載されているからだと思います。資料にはSteve Downsさんが録音なさったと記載がございますが You Tubeでは発見できませんでした。

 ところがところが フランスでHenri Salvadorさんが1966年に「Trois Roues à Mon Chariot 」として録音なさっておられます。

 Henri Salvadorさんは英語読みだとヘンリーですが フランス語読みではアンリとなるようです。私は単純にフランスのコメディアンかと思っていたのですが Wikipediaを読んでみましたら 驚きでした。以下転載させていただきますね。

 ―アンリ・サルヴァドール (Henri Salvador、1917年7月18日 - 2008年2月13日)は、フランスの歌手。レジオンドヌール勲章受章者。
カイエンヌ(フランス領ギアナ)生まれ。両親はグアドループ島出身で、母はカリブ族の血を引く。アンリが12才の時、一家でフランスに移住。
ギタリストとして、歌手の伴奏をして音楽キャリアをスタート。ジャンゴ・ラインハルトのレコードを聴いてまねをしながらギターを覚え、のち1940年代にラインハルトと仕事をした。ボリス・ヴィアンとクインシー・ジョーンズと曲を書き、数曲をレコーディングした。1956年に初めてフランス語のロックンロールを、ヴィアンとミシェル・ルグランとともにレコーディングしたことで知られている。1960年代は、フランスのテレビ番組のホストとして活躍した。
1957年に彼が発表したDans mon ileは、アントニオ・カルロス・ジョビンに影響を与え、ボサノヴァの誕生に貢献した曲である。―

 クインシー・ジョーンズさんやらミシェル・ルグランさんのお名前が出てきたことにびっくり。さらにはボサノヴァの誕生にも貢献したという点で バカラックさんもその恩恵にあずかっているのですから さらにびっくりしたのでした。

|

« Steve Lawrence | トップページ | ピアニストとしてのBacharachさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/59194433

この記事へのトラックバック一覧です: Three Wheels on My Wagon :

« Steve Lawrence | トップページ | ピアニストとしてのBacharachさん »