« ピアニストとしてのBacharachさん | トップページ | Aretha Franklinさん »

バカラックさんの映画音楽

 しばらく中断しておりました「バカラックさんの映画音楽」シリーズを再開いたします。

 と、申しましてもほとんど出し尽くした感がございまして あっけなく終わると思います。


 まずは 私がたまたま観ていたケーブルテレビでエンドロールでバカラックさんのお名前を見つけて 驚いた映画でございます。

 「赤ちゃんはトップレディがお好き」と言う映画。バカラックさんはここで書下ろし曲を一曲。1987年映画「 Baby Boom 」(MGM/UA)からの一曲でして、Carole Bayer SagerさんとWillam Conti Jr.さんとのコラボです。

 この映画はコメディでして その一部が動画で見つかりましたのでご紹介しておきます。

 主演はDiane Keatonさん。確か一時期ウッディ・アレンさんとご結婚されていた方だと思います。
映画その物の音楽担当はBill Contiさん(あの「ロッキーのテーマ」を書かれた方です。共作者のWillam Conti Jr.さんはご子息さんなのかしらん。そのことについての説明は資料にはございませんでした。この曲を歌っておられるSiedah Garretさんはクインシー・ジョーンズさんに見いだされてマイケル・ジャクソンさんとも共演なさっておられるそうです。

 実はこの映画を見直したときはこちらがバカラックさんの作品かと思ったのですがまちがいでした。

 さて、この Diane KeatonさんはBette Midlerさん、 Goldie Hawnと3人主演の映画1996年 『The First Wives Club 』で共演なさっています。この映画担当もバカラックさんではないのですが ディオンヌさんの「Wives & Lovers 」が使われています。曲名をクリックしてくだされば 移動します。

 最後ではございますが この記事を書くにあたり、何度かこのシーンを見ているうちにこの曲もこのダンスシーンもすっかり好きになってしまいました。

 ちょいとレスリー・ゴーアさんの上品さはございませんが この曲の魅力を出し切っている作品で できれば「Wives & Lovers 」もお三人で歌い踊っていただけていたらなぁと思ってしまいます。
 
 ゴールディ・ホーンさんの踊りが他のお二人と違ってキレキレだなぁと思って調べてみましたら ずぅっと幼い頃からタップダンスを練習なさっていたとのこと。

|

« ピアニストとしてのBacharachさん | トップページ | Aretha Franklinさん »

コメント

まったりさん、こんばんは!

「 EVER CHANGING TIMES 」はてっきり1991年のアレサ・フランクリンさん(フューチャリング マイケル・マクドナルドさん)のバージョンがオリジナルだとばかり思ってました^^;。Siedah Garretさんがオリジナルなんですね! 勉強になりましたっ!!

最後の熟女3人の踊りも堪能しました! ゴールディ・ホーンさん、踊りもキレキレですがプロポーションもバツグンですね! 参りました~。

投稿: あるでお | 2015年4月 1日 (水) 20時23分

まったりさん、こんにちは。
つい最近、非常に恥ずかしい思いをしました。
あの名曲中の名曲『アルフィー』の歌詞
I believe in love, Alfie.
Without true love we just exist, Alfie.
Until you find the love you've missed you're nothing, Alfie.
下線の部分を「真実の愛がなくては生きてゆけないんだよ」とずっと思っていてひとり
感動していたのですが、最近YouTubeで日本語歌詞を見たら「真実の愛がなくたって確かに生きてはいける。けれど人生になんの意味もないんだ…」となっているのではありませんか。改めて原詞を読むと、私の乏しい英語力でも確かにそう書いてあるではありませんか。
30年以上もひとり早とちりして陶酔していたのが恥ずかしいっ。バカラックファンのつもりだったのに。

 しかしなぜ今こんな恥を書いているのかと思われるかもしれません。
これには深い理由がありまして、まったりさんが「バカラックさんの映画音楽」の記事をシリーズで書かれてましたが、私も足元にも及びませんが思い出したことを近々コメントしようかと思っています。
 それもまったりさんやあるでおさんに倣って資料的価値の高い内容に少しでもしようかと思っています。しかし『アルフィー』のように雑でいい加減かつ英語力弱者な私なので、きっと間違いもあるやと思い、こうして先に言い訳をしたわけです。(まだ書きもしてないのに…)

 それにしても『アルフィー』はもちろん、ハル・ディビッドの歌詞は良いですね。
『幸せはパリで』『リーチアウト』『悲しみは鐘の音とともに』『ア・ハウス・イズ・ノット・ア・ホーム』等々…。
まったりさんは歌詞はどうして入手しているのでしょうか。日本で発売のCDは歌詞カードがありますが、輸入盤にはないし、YouTubeでもほとんどが字幕はありません。インターネットで知るのでしょうか。彼の歌詞集を出版してほしいものです。できれば日本語訳も付けて。

投稿: ズズ | 2015年5月11日 (月) 15時23分

ズズさんへ

 以前私はブログでも書いたのですが 元々イージーリスニング少年でありました。そして私がバカラックさんを知ったのはセルフカヴァーである、「リーチ・アウト」と「メイク・イット・イージー・オン・ユアセルフ」でありました。そこで用いられているヴォーカルもすべてと言っていいほど楽器の一部でありまして 歌詞を気にすることはございませんでした。
 今思えばもう少しこの時に歌詞に関心をもっていれば 英語の授業にも熱が入っていたでしょうに・・・・。

 かつて山下達郎さんのDj番組で山下さんはビートルズ詩集やジョン・レノン詩集が出てるのであればハル・デヴィッドさんの詩集が出てもいいのにとおっしゃっていたことを覚えています。

 でも、その時ですら私はまだ歌詞にはさほどの関心を持つにはいたりませんでした。

 恥ずかしながら 私の大いなる勘違いを一つ…。「リーチ・アウト・フォー・ミー」を私は「私から離れないで」っと思い込んでいたのですが 考えてみれば「私から」であればフローム( from )であるべきはずで間違いに気づかず Shoppgirlさんのブログで(reach out )には「私を頼りなさい」って意味があるんだってことを教えていただきました。ん十年ぶりに真実に気づいたのでした。

 それでも、めげずにブログ更新してまいる所存でございます。

投稿: まったり | 2015年5月12日 (火) 21時04分

まったりさん、こんばんは。
いつも楽しくページを読ませていただいています。まったりさんやあるでおさんのページを拝見するにたびに、お二人とも資料的価値の高いしっかりとした内容なので私のように気持ちダダ漏れの感想をスーダラ書き散らしていると恥ずかしい気持ちがします。でも二人の神に挑戦しても詮無きこと、今まで通りでお許しくださいね。

 でも今回はやっとのこと多少資料的な追補を。映画の中のバカラック。まったりさんはご存知でしょうか。知る人ぞ知る。それは、その昔、私が学生時代に訳もなく映画を手当たり次第に見ていた頃偶然見た「真夜中のパーティ(1970年公開のようです)」。監督は「フレンチ・コネクション」や「エクソシスト」のウィリアム・フリードキン。ニューヨークに住んでるゲイ達のパーティを通して描かれた人間ドラマ。原題は「Boys in the Band」。国内でDVD化はされてないようですが、YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=riCMmU6UIiY)で見られます(英語版なのでよくわからないのだけど)。
 昔映画館で見た時には私の知らない「男だけの世界」が展開するのでSF映画のように見てました。映画開始から1時間2分頃からバカラック・オーケストラ演奏の「恋の面影」が流れます。その曲に合わせて踊る男たち。当時その妖しさにドキドキしてしまいました。

 しかし映画はけっしてキワモノではなく、見終わった後は心にズーンとくる切なく重いものでした。

「恋の面影」はもちろん「カジノロワイヤル」の中の曲ですが、バカラック・オーケストラ自体が使用されている映画って案外珍しいのではないのでしょうか。

投稿: ズズ | 2015年11月19日 (木) 22時43分

ズズさんへ

 コメントありがとうございます。いつもいつも熱い内容で 大変うれしく読ませていたただいています。

 ご返事コメントをどう書こうか悩んではおりますが・・・。(笑)

 「Boys in the Band」についてもYou Tube動画では2つの動画がありまして シーンが全く違う物のそのどちらにも「恋の面影」がしかも両方ともバカラックさん自演の作品が流れてきておりまして 嬉しいやらで 記事にしようと思っていました。

 私としましては ダスティさんのヴォーカル物よりも男性作品をチョイスされたのは 男性ばかりの出演者だったからなのかと 単純な頭で考えておりました。

 まぁ、しかしこの映画監督があの「フレンチ・コネクション」や「エクソシスト」のウィリアム・フリードキンさんであったというのはズズさんのコメントを読ませていただくまで存じ上げませんでした。この映画は両方とも映画館で観ましたよ。エクソシストはちょっと怖くてほとんど目を閉じておりまして セリフも英語であったのでほとんどストーリーを理解することはできませんでしたが・・・。確かジーン・ハックマンさんはこの映画で有名になられたのではなかったのかしらん。

興味つきないズズさんのコメント、ズズさんは映画にもお詳しいと拝察しております。

私はほんまにバカラックさん馬鹿でありまして、映画を観ていてもエンドロールのクレジットにBurt Bacharachのお名前がないかを調べていた記憶がございます。

 

投稿: まったり | 2015年11月25日 (水) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/59475627

この記事へのトラックバック一覧です: バカラックさんの映画音楽:

« ピアニストとしてのBacharachさん | トップページ | Aretha Franklinさん »