« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

Always Something There To Remind Me しみじみ編

 先のバカラックさんのコンサートでも演奏されたこの「Always Something There To Remind Me」を今回は取り上げたいと思います。
 
 コンサートの中でサラッと演奏された感がありますが とてもとてもいい曲で私のお気に入り曲でもあります。幸い私はバカラックさんの演奏される作品でこの曲を知ったのですが もう何とも言えない心地良さにあふれたこの作品は ますます私をバカラック地獄にひきずり込む作品でした。

 これが私以外にももちろんひきつけられた方がおられます。今回は 決してプロではない 早い話が素人さんの演奏作品をご紹介したいと思います。

 残念ながら どこの国の方でどういう人生を過ごされてきたかは 全く存じませんが 少なくともこの曲を気に入られた点では私と共通です。 もう一つ残念なことは 私は「聴く」だけなのですが これからご紹介する方々はこの曲をご自身で「楽しんで」演奏なさっているということがわかる作品を選ばせていただいたつもりです。


 動画冒頭 男の子(女の子?)がメロディに合わせて足でリズムをとっています。それがすごく可愛らしくて。もっとノリノリになっても許される曲なのにって思っちゃいます。 
 しかし、ウクレレ一本とおもちゃと言ってもいいほどのキーボードでここまで演奏できるって素晴らしい・・・。

 つぎはそのウクレレオーケストラの演奏です。

 

 何ですかねぇ・・・。一応人に聴かせるって感じなんでしょうけど 皆で演奏することの楽しさを共有していて それをみせつけているって感じかしらん。 何かほのぼのを感じさせてくれる作品なのでした。

 次はある種、衝撃的な作品でした。ウクレレよりももっと身近な楽器で・・・? そして右側から二人目の男性が実に楽し気でいい感じなんですよ。 ちょいと強面(こわもて)なんですが とてもいい人なんだと思います。
曲の後半には 聴衆から♪~Always Something There To Remind Me~♪って合唱が聞こえてきます。この部分をよぉく覚えておいてくださいね。次の次の動画では大事になりますから!! 

 

 つぎは 多分地球上最も高地で演奏されたのではないでしょうか・・・。


 10,000feetって紹介されていましたねぇ。しかし ここまでギターとヴァイオリンも持って上がって来られたことに敬意を。

 最後はちょいと古びたピアノ演奏です。でも見かけによらずいい音を奏でてくれます。我が大阪の街で こんな演奏を直に聴けたら うれしいなぁ・・・。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、ひとたびの「Some Lovers」

 京都 そして東京公演では演じなかった「Every Other Hour」について取り上げたいと思います。

 詳しくは私の過去記事をご覧になっていただきたいのですが ここでは作品がダブるのを承知でご紹介しておきます。大阪公演ではほとんどこちらと同じパフォーマンスを演じてくださいました。

 これだけでも十分に堪能・満足できる作品に仕上がっていると思います。実際大阪公演でも十分にこの曲の良さを感じることができました。

 この曲のオリジナルはこちらでした。


 
 この曲はミュージカルの「Some Lovers」について追っかけているときに知った曲なのです。この時の私はピアノのメロディと力強さと歯切れの良さが印象に残ったくらい・・・・ってのが正直なところなのでした。


 そして その後に知ったのがこちらの作品なのでした。これもまた素晴らしいの一言なのでした。動画中のバカラックさんの満足しきられた表情にもそれがうかがえると思います。

 Mario Blondyさんとのデュエットをミックスダブルスと称するならば こちらはダブルスです。若い女性とのデュエットなのですが こんなに難しい曲を堂々と歌っておられ いい味を出されています。

 しかしながら 疑問が残ります。それは何故、この「Every Other Hour」がイタリアに渡り、「(Come )In Ogni Ora」になって登場した経緯がわからないのです。

 いえ、別に不満をもうしあげているのではございません。さらに進化をしていると思えるからです。でも何故 イタリアだけ?と思えてしまうのです。
 
 これはKarimaさんの代表曲と言ってもいいと思います。いっぱい、いっぱいYou TubeではKarimaさんのカヴァーとタイトルに銘打っての作品を見つけましたから・・・・・。

 これが今やイタリアではスタンダード化していると前の記事でも書かせていただきましたが 久しぶりにYou Tubeで検索をかけましたら もっとすごいことになっております。
 もうこれはKarimaさんの代表曲と申し上げるよりイタリアのそれこそカンツォーネと言っても過言ではないと思います。元々、カンツォーネって言うのはイタリアでは たんに「歌」っていうことらしくって そこには民謡まで含まれるすごく広義なもののようでして 近代カンツォーネの代表曲になったとも言えると思うのです。

 その一つの象徴としてこんな動画も発見いたしました。

たぶんイタリアのTV番組の一つで「アメリカン・アイドル」みたいなオーディション番組の中からの作品みたいです。それも今年の4月にアップされたみたいですから トレトレの作品動画だと思われます。未だに歌われているみたいです。

 さて、ここまでは「進化」だと言えると思うのですが 今回この「(Come )In Ogni Ora」を探していましたら すごい作品に出会いました。これは私のこの曲の中では もう「昇華」と言ってもいいと思っています。

ぜひとも最後までおお聴きくださいませ。

 この作品に出会うまでYou Tubeで「(Come )In Ogni Ora」とあるもにつきましては 全てと言っていいほど聴きまくりました。このLucia Pedotaさんの作品も聴きました。最初 普通のおばちゃん(よりかは遥かにお上手です!)くらいの地声と言っていい声域だと思ったのですが だんだんと高音域になって 無理をしていると言うより さらに透明感が増してきて 聴き惚れてしまった次第です。これほどの高音域で微妙に音を操れるって 私みたいな素人でもそのすごさがわかります。

 バカラックさんのコンサートが終わってから ずぅっとこの作品を聴き続けています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バカラックさんの京都公演

 バカラックさんの京都公演に行ってまいりました。

公演内容につきましては ブログ仲間の「あるでおさん」がとても詳しく素晴らしいレポートをお書きです。
 ご一読下さいませ。

 ただし、京都のコンサートでは「Be Aware 」を演ってくださいました。
 そして、そして!! これは大阪でもなかったのですが もう一曲披露してくださいました!!
 
 それは「FallingOut of Love」なのでした。コンサート後、合流した鮒寿司さんと 確認しあいましたので間違いないと思います。
 リッチな気分がさらに満たされた気持ちで会場を後にすることができたのでした。

 とりあえず こちらをご紹介しておきます。

 さて、バカラックさんの来日公演も終わり 今年一年も終わったような気がしているのは私だけでしょうか・・・?

もちろん、「 Be Aware 」も演奏してくださいました。この曲につきましては あるでおさんが 早速ブログで紹介なさっていますので そちらをご紹介したいと思います。

 You Tube徘徊者のまったりは こちらをご紹介しておきます。英語がほとんど理解できない私でもハル・デヴィッドさんのメッセージ性の強い詩であることは理解しているのですが さらにこちらは動画ででもアピールされているようです。

 この動画を作成されたROGER CASEさんは この一曲のためだけに新たに編曲されたみたいでアップされている動画はこの一本だけです。


 おぉっと 本論から外れてしまいました。京都コンサートでは 時折コメントをくださる鮒寿司さんとお会いすることもできました。コンサート終了後 京都駅中のワンショットバーでちょいとだけお話を聞かせてくださいました。

 私に見せようとわざわざ鮒寿司さんの所有されているストックのリストをプリントアウトされた物を持ってきてくださいました。500枚になろうかという分厚いその資料・・・・何度 「それ、下さい」って言いかけた言葉を飲み込んだことか。
 あるでおさんからも かつてあるでおさんの資料を送ってくださったのですが 何とまぁ、私の周りの(バカラック地獄に はまっている方という表現はここでは使いません)バカラックマニアの方々は何と几帳面に資料を作っておられるのかと感心している次第です。

 私には心強い味方がいるかと思っております。
 それから鮒寿司さんには いろいろと私が疑問に思っていたことを尋ね 教えてくださいました。言葉を選びつつながらも 丁寧に教えてくださいました。永年の疑問が氷解して スッキリできました。改めましてありがとうございます。その内容につきましては ネタ切れ地獄の私のネタとして これからご紹介できればと思っております。


 ぜぇたくを申し上げれば キリがございませんが 今回の演奏曲目以外にも いっぱいいっぱい名曲がございます。
PARTⅠとⅡとかに分けてでも バカラックさんの編曲とピアノ演奏と そして時々でいいですから バカラックさんのヴォーカルで聴かせていただければと切に切に思っております。

 これも鮒寿司さんとも確認しあったのですが バカラックさんのご様子を拝見いたしまして まだまだ元気で また日本に来てくれると確信した次第でございます。

 今回最後を飾る何かいい曲はないかとさがしましたが これまたいっぱいあり過ぎまして迷った挙句こちらを選びました。

サンディ・ショーさんのドイツ語盤(?)「愛の思い出」でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

 速報  「 Hush 」 見っけ!!

 見つかりました!! 

 「Hush」

 


東京ではこの前に「Be Aware 」を演奏なさったそうですが 大阪では残念ながら演奏されずに 「Some Lovers 」でした。

大阪では Bill Cantosさんが正面に出て来られまして弾き語りで演奏なさってくださいました。この動画より、さらに洗練されていまして もう少しアップテンポであったような気がするのですが すごくすごく感じいい仕上がりになっていました。

京都ではフルオーケストラをバックに聴けるのかと思うと期待したいです。


それから あるでおさんがご心配なさっていたバカラックさんとのハグはこちら大阪でもございませんでした。握手とバカラックさんがかぁるくBilさんの方に手をやったという感じでありました。

どなたかのブログでBillさんについて語っておられましたが デヴィッド・フォスターさんに肩を並べるほどのマルチ・タレントだとか・・・・。

バカラックさんは 強烈なライバル意識を持たれつつも 大事に育てられているのだと思うのは私だけかも。

それから 私の至極頼りないヒアリングではございますが この曲をバカラックさんが紹介されたときに 2年後にはブロードウェイのミュージカルに乗せると仰ったような気がいたします。
その前には サン・ディエゴが何やらかんやらおっしゃったような気がしますので ブロードウェイにかけるまではサン・ディエゴで公演なさるのかも知れません。

今は私自身が私のこのひたすら頼りないヒアリング能力に期待したい心境なのでございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ん? バカラックさん? ??

 今回はタイトルからして ??だと思います。

 ご存じのように私のブログはYou Tubeから バカラックさんの作品を見つけてきて ここでご紹介するっていうのがスタイルなのです。
 そこで必然的にYou Tubeに入りましたら まずバートバカラックさんの文字を入力しまして 作品を探すってのが手順となっております。

 ですから 私でなくとも 同じ手法でバカラックさんのブログを作ることは可能です。ただ、だぁれもやっておられなかったので 早いもの勝ちということで まず私が始めただけなのであります。

 するとこういう作品に出合うこともございます。

 動画タイトルが「GOIN' HOME (Similar to BURT BACHARACH)」となっておりまして バカラックさんに似せてって意味なのでしょうか?
 楽器編成やらバカラックさんのと同じにしてあり バカラックさんムード満点だと お気に入りにしたのですが みなさん、いかがでしょうか?


 次は「 FANTASY ON MOTIVES OF BURT BACHARACH (1979) (string quintet version)」です。

 最初は「何やねん?バカラックさん?」と思いますが聴き続けていますと 「雨にぬれても」が流れてきまして安心いたしました。

 しかしながら こういうのも見つかりますから この手法はやめられません。

 また、こんなのも見つけましたよ。以前は頭の部分しかご紹介できなかったのですが 執念深くさがしておりますとご褒美をくださいます。

 何か この最後のシーンを見ているだけでも 良い映画なんだろうなぁと思わせてくださいます。フルバージョンでバカラックさんの演奏が聴けましたね。

 では 最後まで私のブログに付き合ってくださった方へのクリスマスプレゼントです。


 頭とおしりにバカラックさんのハミングが そしてバカラックさんのピアノが・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ソチオリンピックについて

 世間様はバカラックさんの来日コンサートでてんこ盛りに盛り上がっていると思います。

 私は来る大阪・京都公演に胸を躍らせてますが ブログに関しましては落ち着いて冷静に書こうと思っております。

 なぜ 今回このテーマを持ってきたかと申しますと どんどんこの冬季オリンピックが忘れられていくので ちょいとあわてて書いてしまおうと思っていたのです。本当はオリンピック期間中に書き上げたいと思っていたのですが・・・。

 今回のこの記事タイトルは一見バカラックさんとは関係ないように思われますが ちゃぁんとオチも設定してございます。お楽しみに最後までご覧くださいませ。

 さて、以前のブログで私はアイススケートやシンクロナイズドスイミングの時に使われる曲にバカラックさんの作品がとりあげられないかと思いつつ見ていると書いた記憶がございます。

 今回のオリンピックでもある種 期待を込めて注目(注耳)していた選手さんがおられます。

 それはキム・ヨナさんなのでありました。前回のキム・ヨナさんはジョン・バリーさんの007シリーズからボンドのテーマを選曲なさっておられました。次はひょっとしたらバカラックさんかも・・・・と予想していたのです。

 残念ながら 今回は「 Send in The Clowns 」でありました。
 この曲につきましては まだ私がバカラックさんの作品に出会う前にラジオから流れてきた曲なのです。たぶん割と頻繁に耳にした記憶がございます。 それが突然聴かれなくなり あわててレコード店で探し回ったのであります。
 たぶん、邦題は「悲しみのクラウン」とかで 何の予備知識もない私はそのクラウンが 王冠だと思い込んでおりました。
 大変に地味なメロディなのですが とてもきれいなメロディで映画音楽少年から イージーリスニング少年になりつつあった頃だっと思いますが なんの違和感もなく聴き惚れたことを思い出します。
 くれぐれもご注意願いますが これはバカラックさんの作品ではございません。
 
 このクラウンって実は ピエロのことであったみたいであるということを知ったのは随分と経ってからのことでした。何でも サーカスで綱渡りとか空中ブランコで事故(落下かしらん)があった時に観客の注意を逸らせるために ステージ中央にピエロを呼び寄せ そこで演技させたらしいのです。その時の掛け声みたいなのが 「 Send in The Clowns 」であったらしいのです。「ピエロを送り込めって」ことかしらん・・・・・。」

 まぁ、一つだけこの「 Send in The Clowns 」の動画をご紹介しようとYou Tubeを探しましたら もう何とすごくいい作品が綺羅星のごとくございまして 結局こちらにいたしました。
 ヘンリー・マンシーニさんの作品です。ピエロのイラストに惹かれました。

 では 最後にバカラックさんの作品をご紹介いたします。
動画が始りますと どうしても中央のヴォーカリストさんに目が行くと思いますが 右端に立っておられる男性にもご注目をお願いします。私は等身大のフィギュアかと思いました。 曲の中では重要なパーツを演奏なさっておられます。

 Puddiesさん達の「 Another Tear Falls」でありました。こんな奇妙な衣装をまとわずとも しっかりとした演奏だと思うのですが どこへ行かれてもこの衣装で演奏なさっています。


 えぇっと どこがオチやねん?っと仰る方がおられるかも知れませんが タイトルはソチでおました。

 今回のオリンピックでは ニーロ・ロータさんの「ロメオとジュリエット」も流れていましたね。次回こそ バカラックさんの作品を取り上げていただきますように。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あるでおさんのバカラックさん来日コンサート感想文に関連して・・。

 現在国内ではバカラックさん来日で大賑わい・・・・かな?

 まだコンサートに行っていない私にとってはあるでおさんのブログ「ライヴの感想 バート・バカラック コンサート2014 Apr. 10, 2014 その②」を読んで 今すぐにでも行きたいとはやる気持ちを抑えつつ 全く関係のないテーマで臨みます。

 あるでおさんにあれほどのレポートを書いていただいたら 私なんぞの「ここで涙 とか ここで鼻水」とかのレポートが恥ずかしくて書けません。(きっぱり!)

 しかも まだ私が尊敬しているShoppgirlさんの感想レポートが控えております。もう、私は書けません。


 あるでおさんの『ライヴの感想 バート・バカラック コンサート2014 Apr. 10, 2014 その①』を書かれたときには不明であった34.がちょいと気になりまして、心当たりを探してみました。

 
 真っ先に思い付いた曲がこれであったのです。

 

 でもこれであれば あるでおさんもご存じのはず・・・・。さらに関連曲を探しました。
 「Ready to Be Done with You / A Thousand Things that Were You" (Reprise) 」
 

 あるでおさんは この①の段階では不明であったその曲が「 Some Lovers from Hush サム・ラヴァーズ from Hush ※」と②で書かれておられますが たぶん、正確な表記としては「 Hush from Some Lovers 」であろうと思います。

 この曲もかつてはYou Tube上には存在しました。昨日半日がかりでさがしたのですが どうも見つかりません。
この曲につきましても 動画のご紹介はしていなかったのですが ブログ内では取り上げていたのでした。

そのブログタイトルもずばり!!「 Every Other Hours 」です。

他にはあと「The Only Music I Understand 」がございました。

 
このブログ内でジェシー・ジェイムズさんの動画の後の文章で この「Hush」の動画も案内してはいたのですが どうも削除されたみたいなのです。><

 正直申し上げまして この「Every Other Hour」の出来栄えに聴き惚れてしまってまして、「Hush」につきましては オマケくらいに考えておりました。今更ながら私の思慮短慮を悔いております。

 以上反省文でした。

 あっ、さらに反省文を書かなくてはなりません。先の私のブログ「祝!! バカラックさん来日!!」でドナ・テイラーさんと表記するところをジェシー・ジェイムズさんと書いてしまいました。ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バカラックさんのコンサートに行かれる方へのプレゼント(必須です)

 バカラックさんのコンサートに行かれる方は 必ずこの記事をお読み(歌い)くださいませ。

 きっと最後は全員でこの曲の合唱になるはずです。

 過去4回の私の結果は 歌いきることはできませんでした。元々、歌う素質には恵まれていないことと、聴くことに徹してきたというのと、そして これでバカラックさんと時間と空間を共有するのが終わりなのかと思うと 涙と鼻水とでぐしゃぐしゃになり、最後は必ずと言っていいほど 単に吠えているというのが実情です。

 今回はこの感情の波に惑わされず バカラックさんと一緒に 歌い切りたいと思います。多かれ、少なかれかつてのバカラックさんのコンサートに行かれた方は 私とそう変わらないと思います。

 そうはならないためにも 基本だけはご一緒に学びましょう!!

 この動画はどうやら埋め込みができないようなので 「ここ(^^♪」をクリックしてくださいませ。

 さて、当日は思いっきりたのしみましょうねぇ~~~~~♪♬

 ※ 尚、当日は字幕はないと思っておいてくださいませ。 この段階で字幕を見ないで歌えるようにしておきましょうね。(自戒)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バート・バカラックさんとは

 今回は 少し大上段に構えたタイトルとさせていただきました。 その理由は ひょっとしたら グーグルでバカラックさんを検索される方がおられたら こちらに来られないかとの思惑からなのです。

 ちょいとセコイ発想ではありますがお許しくださいませ。このバカラックさんの来日をきっかけに一人でも多くの方がバカラックさんの作品を知っていただきたく思うまったりなのです。
 
 ただし、溺れてしまいますとすべての音源を求めたくなる「バカラック地獄」に はまってしまいます。その適例がこのブログによくコメントをいただいております、あるでおさんです。

 残念ながら 私にはバカラックさんについて語れるほどの資格も音楽知識もございません。ただ、ただ理屈抜きにバカラックさんのサウンドに惹かれてしまった者なのです。

 そこでバカラックさんについて詳しく丁寧に書かれた記事(ホームページ)がございますので そちらをご紹介しておきます。
 私よりずっと以前にバカラックさんに溺れてしまったサダナリさんの記事であります。三部作になっておりますので是非ご参考になさってくださいまし。実は私もこの記事でバカラックさんについて学んだ記憶がございます。私にとってはバイブルみたいなもんです。
 http://www.sadanari.com/ongaku971207_1.html

 実は私がインターネットに興味を持ち始めた頃、ノルウェーの方であったと思うのですが バカラックさんの曲をカヴァーされた作品リストをアップされておられました。しかも、そのリストがすごいのは 全世界と言っていいくらいの国々を網羅されておりました。残念ながら今はもうそのホームページは閉鎖されておりまして 閲覧することはできなくなりました。

 次にご紹介いたしますのは バカラックさんの作品をバカラックさんが担当された映画音楽に限定して バカラックさんの功績を紹介している動画です。まぁ、動画と申しましても 音声だけですが 作品も聴くことが可能ですので 手っ取り早く知るにはいいかと存じます。
 

 さて、この動画音声の中で バッハ・ビートルズ・バカラックとご紹介されていましたが 最近バカラックさんを知ったとおっしゃる方には信じられないかも知れませんが 当時はいろんな方がそう表現されていました。

 こんな動画もご紹介しておきます。

 こちらでは ビートルズさんは入らずにバカラックさんだけが 「The 3 B`s」として扱っていただいております。しかしながら1970年代の始め頃はバカラックさんをこのように表現されていたのは確かなのです。一緒に候補に挙がっていたのは 他にビーチ・ボーイズさんやBS&Tさん、ボブ・ディランさんもおられたのではなかったでしょうか。

この動画の意味するところは バッハさんやベートーヴェンさんとバカラックさんを並べておられると言う意味で大変嬉しく思いますが 私としましては これでは単にバカラックさんの曲をバッハさん、ベートーヴェンさん風にアレンジしただけと ひねくれてしまいます。私としましては、3Bが4Bになろうと5Bになろうとかまわないのです。ただ、常にバカラックさんが入っていると思いますので・・・。

 では、今回最後にご紹介したい作品です。いずれ、バカラックさんの曲はこういう風に後世バッハさんやベートーヴェンと同じように演奏されるんだろうなぁと 思います。

 こんな動画も見つけちゃいました


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »