« The 5th Dimensionさん | トップページ | make it easy on yourself »

What The World Needs Now is love

 いよいよネタが尽きそうになってきました。

 従いまして、今回は資料に基づいた記事ではございません。(何で、「従いまして」なのかは 問いつめないでくださいな・・・。)

 資料を読み尽くせない現在 頼りとするのはYouTubeのみでございます。従いまして 私が見つけられるYouTube動画は この記事をお読みの方も その気になられれば すぐにでも見つけられる作品なのでございます。


 ネタ切れ寸前で開き直る訳ではございませんが 元々、私はこのバカラックさんブログは一年間での完結を考えておりました。

 まずは新年→元旦→初日の出→「太陽をつかもう(Come Touch The Sun)」でスタートしまして 12月はミュージカル「 Promises Promises 」の「 turkey Lurkey Time 」で終わると言う算段でありました。
 そして名残を惜しんで最後の最後に「What The World Needs Now is love」で締めくくろうかとも考えたりもしていたのでした。

 以前にも書きましたがその数年前からこの段取りで構想を練っていたのですが 一年目はまだ動画の貼り付け方がわからず 文章だけでせいぜいYouTubeの動画のURLくらいを貼って・・・と始めてみたのですが あまりの貧相な記事になり挫折・・・・しました。翌年は動画の貼り付け方はマスターできたのですが YouTube動画であれば 私でなくても その気になりさえすれば 見つけられることに気づき・・・(「気づくのが遅い」って言わないでくださいね・・・。)

 3年目はYouTubeの機能で 一つ動画を見つけますと 関連動画を勝手に見つけてきてくださって 結構目新しい作品があることに気づき どんどんストックしていきました。・・・・が!!新年に間に合わず 実は3何目の今回も挫折しておったのであります。そうなると ドンドン気持ちが後ろ向きになりまして 何で年明けから このすこぶるおとなしい作品の「太陽をつかもう(Come Touch The Sun)」から始めやなあかんねん・・・とか迷いが出てきてしまったのでした。今であれば、「Something Big」みたいな楽しい曲を選ぶこともできたのですが 当時は とにかくこの「Come Touch The Sun」をご紹介したいっていう 一念でブログを始めようと思っていたものですから。

 その心は 「バカラックさんの曲は有名でない曲でも琴線に触れるのもたくさん あるよ~~」って言いたかっただけなのであります。
 そんな訳で3何目の2011年も挫折しかけたのでした。

 ところが!!ところが2011年の1月5日にバカラックさんの準公式ホームページを見ていましたら新曲情報が・・・。
この喜びを私だけでなく みなさんにもご紹介したいと 何の下書きもせず記事を書いたのでした。
 そして何より勇気づけられたのが私のあこがれでもあったShoppgirlさんからコメントをいただき!!勇気づけられたのでした。この時は準備も何もなかったので一作品だけのご紹介なのでありました。記事のタイトルは「バカラックさんの曲を気の向くままに」なのでありました。

 さて、今回のタイトル作品をご紹介します。2011年にポーランドで作られた映画みたいなのですが そこでこの「What The World Needs Now is love 」が使われているみたいなのです。私、自慢ではありませんが 英語はほとんどわかりませんが もっとそれ以上にポーランド語もわかりません!!

 ポーランドでの題名は「Listy do M.」となっているみたいでして 多分米国で公開されたときの題名は「 Letters to St. Nicholas」となっているようです。この映画の予告編がございますので まずはこちらからご紹介しておきます。
あらかじめお断りしておきますが このよこく編では「What The World Needs Now is love 」は登場しません。 

 どうやらこの映画はコメディ仕立てらしいのですが わかりません。日本で公開されたのかしらん・・・。

 さて、この映画の主題歌なのかはわかりませんが この映画の1シーンを使ってAnna Karwan さんとおっしゃる方が「What The World Needs Now is love 」を歌っておられます。

 次にご紹介するのはコニー・タルボットちゃんです。彼女が出場したイギリスで放映されているタレント発掘の公開オーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」をYou Tubeで見たときは ちょいと感動しました。「ブリテンズ・ゴット・タレント」と言いますと、スーザン・ボイルさんが有名でありますがコニー・タルボットちゃんもすごい存在だと思います。
 同じ時期に我が国日本では 「総選挙」だとか「じゃんけん大会」ですからねぇ・・・・。
 そしてこのコニー・タルボットちゃんも 「What The World Needs Now is love 」を歌っておられます。まずはそのリハーサルのリハーサルの動画をみつけましたのでこちらも併せてご紹介しておきます。

彼女は2000年生まれだそうですから今年13歳ってことですよねぇ・・・・。恐るべし。

|

« The 5th Dimensionさん | トップページ | make it easy on yourself »

コメント

まったりさん、おはようございます!
あるでおです。
性懲りもなくまたまたコメントさせていただきます。
鬱陶しいやっちゃな~…なんて言わないでくださいね…。

まったりさんは、まるで映画監督のように一年間のストーリーを練ってこちらのブログをお書きになってたんですね!! 挫折せずにお書きになったお蔭でたくさんのことを教わりました。あらためて感謝です!!

予告編を観てクリスマス気分になっちゃいましたょ、2か月も前なのに(笑) この映画の挿入歌なんですかね~。Anna Karwan さんの「 What The World Needs Now is love 」、バックはディオンヌさんバージョンのコピーでしょうが、この動画を観ながらでしょうか、とてもほっこりした気分になりました。音楽っていいですね~~。

それにしても、まったりさんは「アメリカン・アイドル」や「ブリテンズ・ゴット・タレント」などオーディション番組もチェックされてるんですね~、スゴイ!! コニー・タルボットちゃん全く知りませんでした。んで、これで13歳なんですか!?!?!? 年齢詐称じゃないの??って感じですね。

投稿: あるでお | 2013年10月25日 (金) 06時32分

maple まったりさん、こんばんは。

秋の夜長、音楽を聴いて過ごすのに良い季節になりました。

コニーちゃんの「What The World Needs Now is love 」は持って来い。
初めて聴きました。
歳若いのにスゴイ表現力ですね。

一人でも多くの人に聴いて欲しい
素晴らしいテーマを持った曲だと思います。

PS.まったりはん、褒め過ぎやで。
  照れますやん!happy02

投稿: shoppgirl | 2013年10月26日 (土) 22時55分

>あるでおさん。shoppgirlさん。

 今も何とかこのブログを続けられているのはお二人のお布団の中のようなあったかいコメントをいただいているおかげなのであります。うっとおしいなんてとんでもないですよ。

 コニー・タルボットちゃんはファイナルまで残るのですが 残念ながらポール・ボッツさんに破れましたが 人気ではトップだったと思います。ご参考までに当時の彼女のパフォーマンス動画作品をどうぞ。

 https://www.youtube.com/watch?v=y68JoxCkc1Q

投稿: まったり | 2013年11月 9日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/53669031

この記事へのトラックバック一覧です: What The World Needs Now is love:

« The 5th Dimensionさん | トップページ | make it easy on yourself »