« 今回も掘り出し物かも・・・・・マレーネ・ディートリッヒさんと共に | トップページ | Long Ago Tommorrow »

alfie

バカラックウィークを締めくくる曲探しに血眼になっているまったりなのです。マレーネさんの後を継ぐ作品が見つからず、今や日常となったブログネタ切れ状態をさらにひどくしたような今日この頃です。

思いあまって このタイトルの曲をあえて選ぶこととしました。超有名曲ではありますし、私としましてはずぅっと苦手意識が先に立つ曲でもありました。それはバカラックさんご自身や バカラックさんを取り上げられているブログでも皆さんの評価が高いこの曲が私には なかなか理解できずにいたからであります。

しかしながら、井上真紀さんの作品を知ってからはほんの少しだけ その良さがわかったような気がするのでもあります。
ひょっとしたらご存じの無い方もおられるかも知れませんので改めてもう一度ご紹介しておきます。

何度聴いてもあきないですねぇ・・・・。この曲の持ち味を存分に活かされたヴォーカルだと素人の私でも納得の作品だと思います。まったりブログ一押しの作品かも知れません。
この井上さんの作品のお陰でこの曲を真正面から聴くことができるようになったと思います。

さて、今回はその勢いでと言うわけでもありませんがその持ち味をまた違った形であらわされている作品を見つけました!!Randy Crawfordさんです。ちょいとゴージャスなバックの演奏と共に楽しんでいただけたらと思います。そして、ところどころにRandy Crawford節も聴くことができます。

Randy Crawfordさんは以前にもご紹介いたしました。2001年に「 Tell It to Your Heart 」と言う素晴らしい作品を作っておられ、私のブログでご紹介することができた歌手さんでありますが、この「Alfie」でもいい仕上がりで歌っておられます。ちなみにRandy Crawfordさんは2000年にこの「Alfie 」を発表なさっているのですが このことが翌年の2001年の「 Tell It to Your Heart 」の取り組みにつながっていたとしたら すごいことだと私個人で興奮しております。

最後はRumerさんです。この曲はこの人のためにあったのではないかと思ってしまうほど素晴らしい作品だとおもいます。

Rumerさんの演奏ではピアノのメロディがバカラックさんのアレンジを上手く踏襲されていて それが発見出来てバカラックさんの素晴らしさを再認識することができたような気がしております。
こうやってこの曲をご紹介するに当たり、やっとこさ心底バカラックさんのファンだと名乗れるような気がしてます。今回三人の作品を聴いていて思ったのは それぞれの方がご自身の持ち味を充分に発揮されて心が満たされたような気がします。

皆さんとこの思いが共有できれば幸いです。

|

« 今回も掘り出し物かも・・・・・マレーネ・ディートリッヒさんと共に | トップページ | Long Ago Tommorrow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/51695794

この記事へのトラックバック一覧です: alfie:

« 今回も掘り出し物かも・・・・・マレーネ・ディートリッヒさんと共に | トップページ | Long Ago Tommorrow »