« Neil Diamondさんとバカラックさん(オマケ付きです) | トップページ | Tony Orlandさん »

バカラックさんとSteven Krikorianさん

今回の記事が本年最後となりそうな気がしてます。

ここでお詫びをしなければならないことがございます。
それは夏頃であったか初秋であったか バカラックさんの自伝が本年12月に出版されるという情報を書き込みましたが ずっとAmazonで追跡をしていたのですが どうやら刊行は来年5月になるとのこと。お詫びして訂正いたします。

もちろん日本語訳本ではありませんから英文読解力に自信のある方におすすめいたしますが 全く自信も実力もない私は購入するつもりです。

それはバカラックさんが今度来日されたときにその本を手にしてバカラックさんの出待ちを敢行します。(敢行と刊行をかけてみましたw)そしてサインをいただくのです。

人一倍恥ずかしがり屋さんで人見知りするタイプだということは東京ジャズフェスティバルでご一緒したあるでおさんもお認めくださることでしょうが(!)今度も気後れしているようだったら 遠慮なく尻を蹴飛ばしてくださいませね。>あるでおさんへ。

さて、このブログ年内をダラダラと終え、グダグダと新年を迎えようと思ってはいるのですが せめて一年の締めくくりの作品がないかいろいろと探してみましたがこれっというのがありませんでした。

そこでこのブログをやっていて一番感動した曲をもう一度載せようと思い立ちまして この曲に行き当たりました。
Randy Crawford さんの「Tell it to your heart」です。どうぞこころゆくまでほっこりしてくださいましな。

もし、失恋でもしていてこの曲を聴いたらほろっと涙ぐんでしまいそうになります。(詩の意味はわかりませんが)

今回何故この曲を取り上げたかと申しますと作詞がSteve Krikorianさんと言う方なのですが バカラックさんと相性がよかったのか 他にもこのチームでの作品があることを知りました。この曲の前年2000年にDiane Schuurさんに「Never Take That Chance Again 」という曲を作っておられます。残念ながらYouTubeでは見つけることができませんでした。が、Amazonで試聴できますのでURLを貼っておきます。
http://www.amazon.com/Never-Take-That-Chance-Again/dp/B000UBVDWS
一部しか聴くことができませんが しっとりとした曲調は「Tell it to your heart」に通じる物があるように思います。
このチームはさらにスゥエーデンの歌手Carolaさんに「Someday」をアルバム「My Show 」で作っておられます。(こちらもYouTubeでは発見できず)
そしてこのチームででは2002年に「 Love's (Still) The Answer」を作っておられます。オリジナルはイタリア人歌手のOrnella Vanoniさんなのですが 残念ながらこれもYouTubeでは見つけることはできませんでした。このOrnella Vanoniさんは古くからバカラックさんの曲をうたっておられるようです。アルバム名は「Sogni proibiti-Ornella e le canzoni di Bacharach」です。
しかしながらこの曲をRonald Isleyさんがバカラックさんのピアノで歌っておられる動画を発見いたしましたのでここにご紹介しておきます。

さらにこの曲はトレインチャさんもステージで披露されています。

私個人的にはストレートに曲の良さが伝わってきたのはこちらなんですけど 皆様はいかがでしたでしょうか?

来年はYou Tubeで出会い頭的に動画を見つけるのが大変困難になってきましたので ちょいと今手元にある資料に準拠してバカラックさんの曲をご紹介できたらと考えております。

では改めまして本年はどうもありがとうございました。本当に感謝です。来年も引き続きよろしくお願いします。皆様にとってよりよい一年になりますように・・・・。

|

« Neil Diamondさんとバカラックさん(オマケ付きです) | トップページ | Tony Orlandさん »

コメント

まったりさん、こんにちは! どこの誰が人一倍恥ずかしがり屋で人見知りなんですか? それは私じゃないですか~、まったりさんってば!(笑)

「Tell it to your heart」、しみじみと聴き入りました~。こちらのブログで紹介されなければ絶対に出会えませんでした~。ありがとうございました! そしてDiane Schuurさんの「Never Take That Chance Again 」にしても、Carolaさんの「Someday」にしても、全く知らないですよ、私。まったりさんのアンテナすっごいですね!あ~聴きたい~。「 Love's (Still) The Answer」はトレインチャさんのバージョンがジンときました~。

今年は東京ジャズフェスでお会いでき、大変光栄でした。来年もたくさんまったリさん節をお聞かせ下さい~。よいお年を!

投稿: あるでお | 2012年12月29日 (土) 14時16分

>あるでおさんへ

コメントをありがとうございます。
来年もコメントをお待ちしておりますよ。

まったり節って関西弁のことなのかしらん・・・。使いまくりまっせ~。

投稿: まったり | 2013年1月 2日 (水) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453747/48507016

この記事へのトラックバック一覧です: バカラックさんとSteven Krikorianさん:

« Neil Diamondさんとバカラックさん(オマケ付きです) | トップページ | Tony Orlandさん »