« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

ANY DAY NOW

今さら 「ANY DAY NOW 」なんてと思われるかも知れませんが ある方のブログを拝読させていただいておりまして ちょいと心打たれる一文を発見いたしましたので ここでご紹介したいと思いました。

それはSOULOG ソウルバーDr.Smithオーナー/BIGLOBEウェブリブログと言うブログであります。この太字の部分にそのブログをリンクしてありますので原文は太字の部分をクリックしてくださいませ。

 抜粋した文章をここに転載させていただきます。(ご許可もいただきましたので^^)転記部分を斜体にて表示しております。

 ■AND DAY NOW

バート・バカラックはチャックの声に惹きつけられ、ハル・デイヴィッドとボブ・ヒリアードと共にチャックのために"AND DAY NOW"を書いた。
バカラックはデモ録音をワンドに持って行ったが、ちょうどそのときチャックはツアーに出ている最中だった。
フローレンスとルーサーはこの曲を聴き、チャックが不在のこともあったしチャックは着実にヒットを出していたため、別なシンガー、トミー・ハントにこの曲を歌わせることにした。
これを知ったバカラックはノーを突きつけた。
「バカラックはこう言ったんだよ。『駄目だ。それじゃあ僕らはこの曲を君たちに渡さないよ。僕らはこれをチャック・ジャクソンのために書いたんだから。トミー・ハントに最初に歌わせ、後からチャックに歌わせるのも駄目だ』こう言われてはフローレンスも従わざるをえなかった。そんなわけで"AND DAY NOW"はトミー・ハントじゃなく僕が歌うことに落ち着いたんだ」

と、いうことで今更なのですが この動画をご紹介したいと思います。バカラックさんも登場なさってエレピ(?)を演奏なさっておられます。ちょいと最後音が切れたようになっていますがチャック・ジャクソンさんとバカラックさんの動いている画像がありがたいので あえてこの動画を使わせていただきます。


さて、こういういきさつからなのか Tommy Huntさんは「Lover 」という曲でこの曲を歌ったのでしょうか・・・??

必死になってレコードラベルの作曲者の表記がないか動画を見ましたがバカラックさんのお名前は発見できませんでした。
「1964年7月2日に公民権法(Civil Rights Act)が制定され、長年アメリカで続いてきた法の上での人種差別は終わりを告げることになった。」とウィキペディアに書いてありましたが この曲は1962年の作品です。

ちなみにこの曲はさらに20年後の日本では「北酒場」でそのイメージが伝承されたとどなたかのブログに書かれていたことも付記しておきます。

末筆ではありますが Dr.Smithさんには貴重な情報を教えていただき大変感謝しております。このブログをお読みで愛知県に在住の方は ぜひこのお店に行ってくださいませ。「宇宙家族ロビンソン」毎週欠かさず見ておりましたがその内容はほとんど覚えておりません・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »