« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

雨は降り続く・・・ ;:;:;:

今回は何故かトム・ジョーンズさんの2連発です。そして歌っておられるのは「雨にぬれても」です。手元の資料によれば 番組名は「Singer Presents Burt Bacharach: A Bacharach Potpourri」となっています。放映は1971年3月14日 CBS局であったそうです。他のゲストにはRudolph Nureyevさん(この方はどうやらクラシックのバレエ・ダンサーさんのようです)
、Barbra Streisandsanとなっています。これは以前にバーブラさんとバカラックさんのデュエットでご紹介したと思いますが 「遥かなる影」を歌っておられます。

ちなみに一緒にコーラスをされている方々は伝統ある合唱団だそうです。

さらにもう一本 こちらもバカラックさんとデュエットされてます。
ちょいとバカラックさんの高音部のハーモニーは厳しいかなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨入りしました!!

昨年のこの時期にも「雨にぬれても」をご紹介しましたので You Tubeの動画ストックがほとんどなくなってしまっていたのです。
が、改めて探してみましたら見つけることができました。
その中でちょっと変わったのをご紹介しようと思います。膝を手でたたいて雨音の効果音からスタートするコーラスです。

次は私の最近のお気に入りなんです。歌っておられるのはどうやらカントリーシンガーさんみたいで 歌は車の中、伴奏はウクレレのみ。でもハーモニーがとっても素敵で これで車の外が雨だったら言うことなしなんですけどね。

今回の最後はルーマーさんのライブ動画です。やっぱりお上手だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジュリーアンドリュースさんとキャロルバーネットさん

今回ご紹介する動画はジュリー・アンドリュースさんとキャロル・バーネットさんのお二人のショーです。
全くの他人ながら息のぴったり合った素晴らしいショーを長年続けておられます。

残念ながらバカラックさんの曲をフルコーラスで歌っておられるのではなく1960年代にヒットした曲をお二人がメドレーで歌っておられるのです。
そしてもう一つ残念ながらショーのオープニングはビートルズさんの曲でありまして バカラックさんの曲ではありません。
しかしながらバカラックさんの曲が各所に散りばめられておりまして 私を感激させてくださってます。
長尺のため2部になっております。1部では私がバカラックさんの曲と勘違いした「ジェントル・オン・マイ・マインド」が入っております。あっという間に終わりますがジュリーさんが「雨にぬれても」や「ディス・ガール」を歌っておられます。他にも見所・聴きどころ満載のショーをどうぞ楽しんでくださいませ。


2部ではジュリーさんが「スプーン一杯の幸せ」を歌い始めますがキャロルさんが横から「黙れって」叫んでおられるような・・・。この曲はジュリーさんの「メリー・ポピンズ」の挿入歌であったと思います。またバカラックさんの曲では「恋よさようなら」「アルフィー」が取り上げられています。

次は同じテーマで70年代80年代のヒット曲をメドレー仕立てで歌っておられます。当然のことながらビートルズさんの曲は現れませんがバカラックさんの曲が登場します。ただし、オープニングはカーペンターズさんの曲です。
お二人がゴミ袋を持って歌われている曲は「アイム・ア・ウーマン」でヘレンレディさんが大ヒットさせた曲であります。


もう、素晴らしいの一言につきるショーです。私はこの最後の動画を偶然出張先のホテルで観たのですが バカラックさんの曲が流れてきた時の感激を忘れることができず ずぅっとこの動画を探しておりました。
特別アメリカびいきだとは思っていませんが良質のエンターテインメントだと思っています。それも飛び切りのです。
このショーは何と1962年から続いているそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

A House Is Not A Home その3

私、ずっと勘違いをしておりました。この「A House Is Not A Home 」はディオンヌさんが最初に録音されたものだとばかり思っていいたのです。

オリジナルはBrook Bentonさんで同名映画(邦題は「禁じられた家」だそうです)の挿入歌であったようです。Brook Bentonさんはビルボード誌で71位 ディオンヌさんが74位であったそうですが ジャズ関係のアーティスト達が好んでカヴァーされたために スタンダードとなったようです。

今回このBrook Bentonさんが映画のたぶんエンドクレジットの動画を見つけましたので ご紹介したいと思います。
1:52当たりからバカラックさんとデヴィッドさんのお名前もクレジットされています。


さて、話は変わりますが 私の好きな女優さんにキャシィ・ベイツさんがおられます。特別美しいとかっていう女優さんではないのですが 笑顔がとても素敵な方です。「ミザリー」ではアカデミー賞も獲得されておられます。この方のご出演された映画を偶然テレビで観たのですが題名が「母の贈物」だったと思います。
この映画について どなたかのブログ記事を拝読しておりましたら この映画のテーマは「A House Is Not A Home 」だという記述にびっくりいたしました。何度か見ていましたがこの曲がながれていた記憶は全くなく 聞き逃していたのかと思っていたのですが どうやらこの「A House Is Not A Home 」というのが映画の本質なのだと書かれていたのでした。読解力の無さとはやとちりのなせる業でありました。
この映画の予告編を見つけました。ここで1:50当たりのナレーションで「A House Is Not A Home 」と表現なさっておられます。音楽とは全く関係ございませんが ちょいと嬉しくなり ご紹介したいと考えた次第です。

さて、話はまたとんでもない方向へ飛びます。私の住んでいますところは一応大阪府なのですが ちょいと車で走ればもう奈良県に入ってしまうというド田舎になります。一番近いターミナル駅は天王寺というところになるのですが そこから大阪と堺市を結ぶ鉄道に阪堺電車というのがあります。ドアが閉まって発車するときにチンチンとベルがなりますので大阪の人たちはチンチン電車と呼んでおります。その鉄道の紹介動画にこの「A House Is Not A Home 」が使われておりまして 更に画面がほんとミニチュアかと思うくらい可愛いのでついでにご紹介いたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »