« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その7最終回

図式的にはこのミュージカルは最初ニール・サイモンさんの脚本ってのが決まっていて そのニールさんがバカラックさんを音楽担当に指名されたことでバカラックさんvsニールさんとなっているようですが 私個人的にはハル・デヴィッドさんの受けたプレッシャーも相当なものでなかったかと推察しています。ミュージカルが成功したのはミュージカルが俳優・音楽・振り付け・脚本等々総合芸術だというのがこの「promises,promises」を通じて理解できたような気がしています。そう言う意味でも日本語訳も大変重要な要素だと言えるかも知れませんね。
当日のコンサートが成功することをお祈りしています。

さて、今回はこのミュージカルラスト2曲のご紹介です。まずは「恋よさようなら」です。ここでご紹介するのはJill O'Hara さんと Tony Robertsさんのデュエットです。Tony Robertsさんの演じておられたチャック役をロンドンキャストで演じておられた方で 後にJerry Orbachさんの後釜としてブロードウエイでも演じられた方だそうです。

最後は本来であればJerry Orbachさんが歌う「promises,promises 」なのですが今回はハーブ・アルパートさんの演奏でご紹介したいと思います。

今回の東京でのコンサートでは浜畑賢吉さんもご出演なさるそうです。実は1980年代になってほとんどバカラックさんの新作情報が入って来なくなった頃 自然と私はバカラックさんの過去の作品やカヴァーレコードを探すようになったことがあります。探しても探しても見つからずにいたときに慰めてくれた番組を浜畑さんがNHKのラジオでやっていてくれました。バカラックさんに見切りをつけた訳でもないのですが 他のアーティストにも目(いや耳)が行くようになりました。番組では浜畑さんはエッセイを朗読されていたと記憶しています。そしてその朗読と朗読の間に音楽を流してくださるのですが そこで私はチャック・マンジョーネさんやヤニーさんと巡り合うこととなりました。
バカラックさん不在の時でもこのままバカラックさんの新作が聴けないということは全く考えておりませんでした。ただあの時の焦燥感を払拭してくれたのが浜畑さんの番組であり、ひょっとしたらこの番組でバカラックさんの新作情報が入手できるのではないかと毎日楽しみに聴いていたことを思い出します。

その浜畑さんがバカラックさんのコンサートに関わりを持たれるということをすごく嬉しく思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その6

さて、今回ご紹介する曲は「Whoever you are」です。この曲をエストニアの歌手で俳優であるKatrin Karismaさんの作品をご紹介いたします。おそらくバカラックさんのブログは数々あれど この歌手さんをご紹介するのは私が初めてであろうと思います。

この曲はこのミュージカルの中ではおとなしめのメロディですが 私の大好きな曲でもあります。
次は「 Where Can You Take A Girl?」です。邦題は「どこに女がいる?」です。いろいろ動画を探したのですが音質がよくなかったりで選ぶのに悩みました。この動画のように歌詞で笑いがでている雰囲気が当日も起きればいいなぁと考えまして(歌はさして上手ではないとおもいますが・・・)こちらを選んでみました。

次は「Christmas Day」なのですがこれは昨年暮れにクリスマスソングとして取りあげたかとおもいます。きれいなメロディです。

さて、ステージもそろそろエンディングに向います。ちょっと寂しいですが始まりがあれば終わりもあるもの・・・。ぜひとも東京公演が成功し、大阪でもやったろうやないかと制作者の方々が思ってくださればありがたいんですけどねぇ。
今回最後にご紹介する曲は「A Young Pretty Girl Like You」楽しくなる曲です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その5

さて、いよいよミュージカル最大の山場「 Turkey Lurkey Time 」です!!
と言っても私は実際にはこのミュージカルを見ていませんので全くの想像なのですが このサウンドトラックを聴く限りその迫力はすごいものです。そしてYou Tubeでこのシーンを観ていましてもその確信をさらに深めた次第です。

すでに私のブログでは過去2回取り上げましたので今回はパスしようかなと思っていたのですが 偶然すごいパフォーマンスの動画を発見いたしましたのでご紹介したいと思います。
普通ミュージカルのオーケストラってステージ下だと思っていましたらステージ上でしかも後方にはコーラスも大勢います、こんなんでダンスはできないであろうと思って観ていましたら 何と何と・・・。後はどうぞこの動画をご覧下さいませ。

きっと5月9日のコンサートでも盛り上がると確信いたしております。バカラックさんのサウンド炸裂です!!

次は「 A Fact Can Be A Beautiful Thing 」です。すっごくきれいなメロディで詩の内容はわからずとも楽しめる楽曲です。

今回最後にご紹介するのは「 Grapes Of Roth 」です。この「 Roth 」の意味が辞書を引いてもわかりません。当日どんな風に紹介されるのでしょうか・・・。実は私今まで勘訳(意訳・超訳ではなく勘)で「葡萄の房」って思っていたのですが研究社のNEW COLLEGIATE(5版)には載っていませんでした。

この曲も比較的早い時期から好きな一曲でした。ってのも唯一ヴォーカルの入っていないインスト物だったからかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その4

もし、私にバカラックさんの作品でもう少し知りたいと相談が持ち込まれたとしましたら、私は迷わず「明日に向って撃て!!」のサントラ盤かこの「プロミセス・プロミセス」のアルバムをお薦めすると思います。

そういう点では今回のコンサートに「プロミセス・プロミセス」を掲げられたことは大変喜ばしく思っています。殆ど全ての楽曲を一度聴いたら好きになってしまい もう一度聴き直したくなるような作品ばかりです。

私のように元々イージーリスニングが好きであった人になら「明日に向って撃て!!」がバカラックさんのメロディや編曲がたちまち好きになってしまうでしょうが こちらの「プロミセス・プロミセス」はミュージカルだけにほとんどヴォーカルがそのバカラックさんのメロディや編曲の上に寄り添う形になっていまして 殆ど英語を聴き取れない私にはそのヴォーカルもオーケストラの一部であるかのように聴いておりました。

さて、今回ご紹介する曲は「もうさようならの時」です。邦題では「過ぎ去りし時を知って」ともなっています。この曲を私の大好きな歌手であるヘレン・レディさんが唄っておられます。歯切れのよい歌い方と独特な声質で また必ずどこかにヘレン・レディ節みたいな唄い回しが入っていて それがとても好きなんです。

この曲ダスティ・スプリングフィールドさんも唄っておられます。

次は「wanting things 」です。とってもメロディが美しい曲です。これをコニー・フランシスさんが唄っておられます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その3

おそらくコンサート当日にはプログラムがいただけて この「 PROMISES,PROMISES 」についての概要もお知りになれると思いますが 一応バカラックさんのブログを書いている立場として簡単に(転載ですが)ここに記しておきたいとおもいます。

1960年ジャック・レモンとシャーリー・マックレーンの共演で『アパートの鍵貸します』をブロードウエイのプロデューサーであるディヴィッド・メリックが1968年にステージ・ミュージカル化した作品。ニール・サイモンが脚本 ロバート・ムーアが演出、マイケル・ベネットが振り付けを担当。
ブロードウエイでは1968年12月1日シュパート劇場で初演。1972年まで1,281回俗縁されたとの事。ロンドンではその翌年1969年10月2日プリンス・オブ・ウェールズ劇場でオープン。1970年にはイタリア語版がローマやその他の地域でも1973年にはドイツ語版(ペーター・フローリッヒとマリアンヌ・メント主演)がウィーンで上演されたとの事です。

日本語版の初演は1971年10月東京で東宝が制作日生劇場で上演されたとの事です。北大路欣也、那智わたる、高島忠夫さんらがキャストであったそうです。その後1987年11月劇団薔薇座が博品館劇場で 野沢那智演出、岸野幸正、戸田恵子、安崎求さんらのキャストで上演されたとの事。また1998年9月には竹邑類演出で石野真子、曽我泰久その他の出演で東京・新宿紀伊国屋サザンシアターで上演されたとの事です。

以上川上博さんが書かれています。
私の記憶に間違いがなければ宝塚歌劇でもとりあげられたとの記述を見かけた記憶があるのですが・・・。

さて、今回は「Our Little Secret」です。ゆったりとしたテンポで始まる曲なのですが 最後にたたみかけるような演奏が心地よくて それを楽しむために前半はこのゆったり感を楽しむだけ楽しんでからエンディングとのギャップを好んで聴いたものでした。

次は「She Likes Basketball」です。オリジナルの!!Jerry Orbachさんが唄い踊るシーンの動画を見つけましたのでこちらをご紹介します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その2

「 promise 」は「約束」と言う名詞と「約束する」という動詞があるそうです。ところがこれを複数形にして更に2語並べて「 promises,promises 」と表記すると「口約束」と言う意味合いになるそうです。(山田詩津夫著「アメリカ人なら誰でも知っている英語フレーズ4000」より。

これがこのミュージカル「 promises,promises 」に当てはまるのかどうかは私にはわかっておりません。コンサート会場で開演を待つ間、見知らぬ隣の人ととの会話にでも使ってくださればありがたいっす。

さて、今回は「Upstairs 」です。軽快なリズムと馴染みやすいメロディです。

ここからジル・オハラさんが登場してデュエットとなります。彼女は16歳の時からコーヒーハウスでギターの弾き語りをされていたそうです。特徴のある歌声が魅力的です。

こんな動画も発見いたしました。手作り感たっぷりですが良い感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝!!「プロミセス・プロミセス」上演!!その2

「 promise 」は「約束」と言う名詞と「約束する」という動詞があるそうです。ところがこれを複数形にして更に2語並べて「 promises,promises 」と表記すると「口約束」と言う意味合いになるそうです。(山田詩津夫著「アメリカ人なら誰で夫知っている英語フレーズ4000」より。

これがこのミュージカル「 promises,promises 」に当てはまるのかどうかは私にはわかっておりません。コンサート会場で開演を待つ間、見知らぬ隣の人ととの会話にでも使ってくださればありがたいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »